冷凍バナナの上手な解凍方法を知りたい!レンジor自然解凍どっちがいいの?

スポンサーリンク


栄養豊富な果物であるバナナ。皆さんは食べるでしょうか?

手軽に食べられるので、朝食などで食べる方も多いでしょう。

そんなバナナですが、実は冷凍保存が可能のようです。

今回は、冷凍のバナナに関する情報をまとめていきます。

 

バナナは冷凍できるのか?そして、効果的な冷凍方法を解説しながら、解凍方法もまとめていきますので、確認していきましょう。

また、それ以外にも、冷凍バナナの賞味期限を解説していきます。

 

バナナも賢く冷凍すれば、美味しくいただけます。

ぜひ、本記事を参考にして、バナナを冷凍してみましょう。

 

 

そもそもバナナは冷凍できるのか?

 

バナナは割とすぐに完熟になってしまい、気づいたら熟れ過ぎたということがチラホラあります。

そんな時は、バナナを冷凍しておくといいでしょう。

実は、バナナは冷凍できるのです。

そこで、バナナの冷凍方法を見ていきましょう。

 

まず、バナナを冷凍すると、使い勝手がよくなります。

凍ったままミキサーに入れれば、簡単にスムージーが作れますし、半解凍にして、お菓子作りに活用ができます。

また、そのままかぶりついて食べることもできるので、さまざまな食べ方ができるようになるのです。

 

バナナ冷凍方法は、いくつか方法があります。

それぞれの方法を解説していきます。

 

【バナナを丸ごと保存する場合】

バナナの皮をむき、実の先端を切っておきます。

レモン汁をかけておくと、バナナが変色しづらくなるので、やってみてください。

皮を剥いたバナナを、ラップで包み、後は冷凍庫に入れるだけです。

ここで、フリーザーバッグに入れても、効果的に保存ができます。

 

【切ってから冷凍する場合】

バナナは切ってから冷凍すると、さらに使いやすくなります。

まずは、バナナの皮をむき、好みの大きさにカットします。

レモン汁をかけると変色しにくくなるので、試してみてください。

カットしたバナナは、フリーザーバッグに入れて、平らな状態にします。

そして、さらに空気をよく抜きましょう。その後、冷凍庫に入れて完了です。

 

【皮付きのまま冷凍する場合】

バナナは皮付きのまま冷凍保存も可能です。

皮付きのまま保存すると、手間がかからないので、便利と言えます。

この場合も、ラップでくるんだり、フリーザーバッグに入れたりして保存するといいでしょう。

 

 

皮ごと作った冷凍バナナの解凍方法

 

さて、無事バナナを冷凍できましたね。次は、解凍方法を見ていきましょう。

皮付きと、皮なしでは解凍方法に違いがあるでしょうか?

コチラで確認していきましょう。

 

バナナの解凍方法は、主に自然解凍です。

但し、完全に解凍させるのではなく、半解凍させてから使います。

完全に解凍してしまうと、バナナがべちょべちょになってしまうので、おすすめできません

半解凍に留めておくといいでしょう。

 

ではレンジを使ってもいいのでしょうか?

レンジを使っても解凍ができますが、急激に温めしてまうと、バナナがべちょべちょになってしまうので、できるならレンジの解凍は避けた方がいいでしょう。

仮にレンジを使うのであれば、ごく短い時間のみ使うようにしましょう。

 

皮付きのバナナを解凍する場合は、少し注意点があります。

一体、どんな注意点なのでしょうか?

 

皮付きのまま冷凍してしまうと、冷凍したままでは皮がむけなくなります。

そのため、解凍するのを待たなければならないのです。

仮に冷凍したバナナをそのまま料理に使うのであれば、皮をむいた状態のバナナを使うといいでしょう。

皮付きのバナナは解凍してから、皮をむくため、若干水っぽくなってしまいますが、品質には問題がありませんので、安心しましょう。

ちなみに、皮付きのまま冷凍すると、皮が黒くなってしまいますが、中のバナナは食べられます。

 

 

冷凍バナナの賞味期限は?おなかを壊さないように…

冷凍したバナナはどのくらいの期間日持ちがするのでしょうか?

この項目では、冷凍バナナの賞味期限を解説していきます。

冷凍バナナは意外と長く保存ができるようです。

 

皮付きのまま保存する場合と、そうでない場合で、保存期間に差が出てきます。

皮をむいたバナナの場合、保存期間は大体2カ月程度です。

それに対して、皮付きのままのバナナは約1カ月となっています。

そのため、長くバナナを保存したいのであれば、皮をむいてから保存するといいでしょう。

 

但し、バナナは冷凍しても劣化が進んでいきます。

長く冷凍保存して、ギリギリになって使うと、どうしても味が落ちてしまいやすくなってしまうので注意しましょう。

そこで、できる限り早めに食べきるようにしましょう。

1カ月以内に食べきるようにすると、効果的に冷凍保存ができるのでないでしょうか?

冷凍バナナは、色々な調理に使えるので、ぜひ試してみてください。

 

 

まとめ

 

栄養豊富なフルーツであるバナナ。日常的に食べる方も多いでしょう。

バナナは傷みやすい果物ですが、実は冷凍ができるのです。

今回はバナナの冷凍に関する情報をまとめて紹介してきました。

 

まずは、バナナの冷凍方法を解説し、その後、効果的な解凍方法をまとめました。

皮付きのまま保存する場合、そうでない場合で、保存の仕方は変わってくるので、確認しておきましょう。

また、それ以外にも、冷凍バナナの賞味期限もまとめました。

概ね、1カ月程度は日持ちするので、参考にしてみてください。

 

バナナを冷凍して、美味しく料理に使えるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です