自作冷凍おかずの賞味期限はいつまで?しらないとお腹を壊すので注意!

スポンサーリンク


自作のおかずを作り置きしている方も多いのではないでしょうか?

忙しい日々を送っていると、なかなか料理ができないので、休日にまとめて冷凍おかずを作る方も増えているようです。

 

そんな自作の冷凍おかずですが、賞味期限はいつまでなのでしょうか?

自作のおかずはあまり日持ちしないため、賞味期限を知っておくといいでしょう。

お腹を壊さないためにも、しっかりと賞味期限を確認していきましょう。

 

本記事では、単身赴任の時に使えるおかずや、冷凍おかずの解凍方法もまとめていきます。

ぜひ、参考にして、冷凍おかずを作ってみましょう。

 

 

自作の冷凍おかずの賞味期限について

 

冷凍食品がさまざま登場していますが、自作のおかずを冷凍している方も多いようです。

その場合、どのくらい間、日持ちするのでしょうか?

賞味期限を知っておくと、作り置きが便利になるので、把握しておきましょう。

 

まず、市販の冷凍食品は急速冷凍されています。

そのため品質がいい状態を長期間維持することができるのです。

それ故に、基本的に賞味期限が長くなっています。

商品によっては、1年近く保存ができるので、大変便利なのです。

 

では。自作で作ったおかずは、どのくらいの間日持ちするのでしょうか?

結論からお話しすると、自作のおかずを冷凍してもあまり長い間保存はできません。

それは、家庭の冷凍庫では、急速に冷凍ができないためです。

そのため、長期間保存していると、どうしても品質が落ちてしまうのです。

 

基本的に、自作のおかずを冷凍した場合、賞味期限は1カ月前後でしょう。

ただ、なるべくなら早めに食べた方がいいでしょう。

目安は2週間前後で食べてしまうことです。

こうすると、お腹を壊してしまうことを防ぐことができます。

 

ここで、冷凍に向いている自作のおかずを紹介しますので、確認していきましょう。

冷凍に向いている自作のおかずは、「唐揚げ」「ハンバーグ」などの肉類。

そして、「魚のソテー」などの魚類。

「ひじきの煮物」「切り干し大根」「卵焼き」などの総菜類。

 

これらのおかずが冷凍しやすいので併せて参考にしてみてください。

 

 

単身赴任にべんりな冷凍おかずを作りだめしよう

単身赴任すると、食事は自分で作らなければなりません。

とはいっても、毎回お弁当などを買っていると出費が増えてしまいます。

そんな時は、自作でおかずを作るようにするといいでしょう。

単身赴任におすすめな自作のおかずを見ていきましょう。

 

1.ひじきの煮物

日本の総菜の定番、「ひじきの煮物」もおすすめのおかずです。

冷凍保存もしやすく、解凍してから食べても味が落ちにくいのでおすすめと言えます。

多めに作っておいて、ジップロックで保存すれば大丈夫です。

大豆を入れてタンパク質を補ってもいいですし、しいたけを入れれば栄養が豊富になります。

 

2.ハンバーグや肉だんご

皆大好きハンバーグもおすすめの自作おかずです。

多めに作って冷凍しておくといいでしょう。

ハンバーグなら、作るのもそれほど大変ではありませんし、空いた時間にサッと作って冷凍すれば使いたい時に使えるようになります。

ハンバーグ以外には、肉団子などもおすすめです。

ひき肉を使った料理は、冷凍に向いているので参考にしてみてください。

 

3.小松菜の煮びたし

栄養豊富な食材、「小松菜」を使ったおかずも作ってみましょう。

小松菜とキノコ類を入れて、サッと炒めて、白だしで煮るだけで完成です。

冷凍方法も簡単で、煮汁を少しいれて、ジップロックで保存するだけで完了になります。

一緒にちくわなどを入れると、さらに食べごたえがアップしておすすめと言えるでしょう。

 

 

弁当にいれる冷凍おかずを上手に解凍するコツ

 

冷凍おかずはどのように解凍したらいいのでしょうか?

この項目では、冷凍おかずの解凍方法のコツや秘訣を解説していきます。

せっかく使ったおかずを美味しくいただくために、参考にしてみてください。

 

冷凍したおかずは、自然解凍でお弁当に入れられるのでしょうか?

今の冷凍食品の場合、そのまま自然解凍できる種類のおかずもあります。

そのため、自作で作ったおかずもそのまま自然解凍できるのではないかと思ってしまいます。

ですが、自作のおかずを自然解凍させるのは止めましょう。

解凍中に菌が繁殖してしまいやすくなりますし、さらに水っぽくなってしまいます。

 

このような理由があるため、お弁当に自作のおかずを入れる時は、必ず、加熱処理を行いましょう。

加熱することで、殺菌ができるようになるので、おすすめです。

 

自然解凍でも大丈夫と思ってしまいがちになりますが、菌が繁殖する可能性が高いので、必ず、加熱をしてからお弁当に入れるようにするといいでしょう。

せっかく使ったおかずですから、なるべく美味しく食べるようにしたいものです。

 

 

まとめ

 

自作のおかずをまとめて作って冷凍しておくと便利です。

今回は、冷凍おかずに関する情報をまとめてきました。

まずは、冷凍おかずの賞味期限を解説してきました。

大体1カ月程度は持つようですが、2週間前後で使いきるといいでしょう。

 

また、単身赴任におすすめな自作おかずについてもまとめましたので、併せて参考にしてみてください。

それ以外にも、冷凍おかずをお弁当に入れる際のコツや注意点を解説してきました。

自然解凍ではなく、加熱処理をしてからお弁当に入れるようにしましょう。

 

本記事を参考に、冷凍おかずを作って堪能しましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です