エクセル余白なしの全面印刷がこんなに簡単に出来る方法

スポンサーリンク


エクセルで作成した資料を印刷し、配布する機会は意外とあります。

自分用に印刷したりすることもあり、印刷はよく使う機能ですよね。

 

しかしこの印刷、やり方によってはうまく印刷されないことがあります。

 

印刷方法はさまざまありますが、フチや余白なしで全面印刷をしたいときってありますよね。

写真や画像を入れている場合、余白なしのほうがよりまとまって見えることがあります。

 

このフチや余白なしの全面印刷のやり方をまずご紹介します。

 

まずはプリンターの設定が必要です。

エクセルを起動し、上部の「ファイル」→「印刷」をクリックします。

 

するとこれから印刷を行うプリンター名が出てくると思いますので、その右下にある「プリンタのプロパティ」をクリックします。

 

設定が画面が表示されますので、「フチなし全面印刷」、または「四辺フチなし印刷」にチェックを入れます。

 

これで設定は完了です。

 

ではエクセルに戻ります。

 

エクセルの「ページレイアウト」タブを開き、「余白」をクリックします。

その中の「ユーザー設定の余白」をクリックします。

 

余白を調整します。上、ヘッダー、左、右、下、フッターすべての値を「0」にしましょう。

これで印刷プレビューで確認し、印刷してみてくださいね。

 

ただし、場合によっては余白なし全面印刷ができない場合があります。

 

まずプリンターです。

プリンターによってはこの印刷方法ができないものもあります。

プリンターの設定時に、フチなし全面印刷」、または「四辺フチなし印刷」が選択できない場合はプリンターが対応していない可能性があります。

 

もしくはプリンターの取り扱い説明書で対応しているか確認してみてくださいね!

 

またはエクセルの印刷プレビューで、レイアウトを確認してみてください。

 

印刷プレビュー画面では、右下の「余白の表示ボタン」を押すと余白の線をマウスで動かすことができます。

 

これをドラッグして調整することで、うまく印刷できます。

まずは印刷プレビューを確認してみてくださいね!

 

エクセルの点線は印刷範囲!きれいに整えて見やすい資料を!

エクセルを使用していると、ところどころに点線があることはありませんか?

最初に特に何も設定していないのに、なぜ点線があるんだろう・・・と思いますよね。

 

この点線は実は、印刷範囲を表しているんです。

 

もしこの状態で印刷ボタンを押したら、ここで切り取られて印刷できるんですよ~という意味になります。

 

もし今作っている資料を印刷する予定があり、見やすい資料にしたい場合はこの点線を活かすといいですよ!

 

まずエクセルの「ファイル」タブをクリックし、「改ページプレビュー」というものを押してみてください。

 

すると印刷範囲が青い線で囲まれ、背景にページ数が表示されています。

 

今印刷ボタンを押すと、このように印刷されますよ~ということなんです。

 

この青い線、実は動かすことができます。

動かしてみるとページ数が変わりますよね。これで自分が印刷したいように設定することができます。

 

もし資料を作って印刷することが分かっている場合、ある程度資料ができあがってきたら印刷したらどう見えるかを確認するために、この改ページプレビューを見ながら作っていくと便利です。

 

印刷範囲を変更できない…それはエクセルが保護されている!

 

エクセルで資料を作っていて、印刷範囲を変更していざ印刷!と思ったときに、印刷範囲が変更できないことがあります。

 

そんなときは、エクセルの保護を解除してあげましょう!

 

まずエクセルの「ホーム」タブ→「書式」をクリックし、シート保護の解除をクリックします。

するとシートの保護が解除できます。

 

しかしまれにパスワードが設定されていることがあります。

誰でも解除できないように、という意味ですね。

 

こういうときは設定するときにパスワードを入力した方に聞いて、入れるようにしましょう。

 

このシートの保護を解除することで、印刷をするときの印刷範囲を自由に変えて印刷することができます。

 

または保護自体は外したくないけれど、印刷範囲だけ変えたいということであれば、シートを保護したときに

「保護はしたけれど印刷範囲は変えることができますよ」という設定にしておく必要があります。

 

もしご自身でシートを保護した場合は、先ほどのホームタブ→書式→シートの保護で「ロックされたセル範囲の選択」というところにチェックを入れておく必要があります。

 

これも覚えておくと便利です。

 

まとめ

 

エクセルで印刷をするときには、さまざまな設定をして印刷することができます。

 

印刷前にきちんと印刷プレビューで確認しておくこと、改ページプレビューや内容によっていろんな印刷の仕方を使いながら、印刷していきましょう。

 

印刷範囲も自分で決めていくことができます。

より見やすい資料作りのためには、さまざまな印刷の仕方を見てみるといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です