赤ちゃんの体重を正確に測るためにはどうしたらいいの?おすすめの方法

スポンサーリンク


赤ちゃんが順調に成長しているかって、とても気になりますね。

順調かどうかは、体重の変化によって知ることができます。

検診の時は、絶対体重を測りますし。

 

順調に成長していれば、順調に体重は増えますし、体調が悪かったり何か病気が隠れている場合には体重が減ったりします。

 

体重は赤ちゃんの体調を知るバロメーターにもなります。

 

できれば家でも計りたいですよね。

でも、家には大人用の体重計しかないし…赤ちゃん用の体重計って、高いのでは?と思います。

 

でも、そんなパパさんママさんにおススメの方法がありますよ!

 

まずご紹介するのは、赤ちゃん用の体重計です。

一番正確に計れるのはこれですよね。

 

  • タニタ 授乳量機能付きベビースケール

https://www.tanita.co.jp/product/g/_TBB105IV/

 

8キロまでの体重であれば5gずつ、20キロまでの体重であれば10g単位で体重が測れます。

そのほかに、体重の差によってミルクをどのくらい飲んだかということも1g単位で表示してくれます。

哺乳瓶に書いてある目盛りでは大体の量しか測れないので、しっかり把握したいという方にはお勧めです。

 

 

  • ベビースケール パンダ

https://item.rakuten.co.jp/cherrybell/babyscale/

 

パンダの顔の形のスケールです。かわいいですね。

5g単位で30キロまで測れます。

赤ちゃん用のトレーを外せば、普通の体重計として使えます。

30キロまで測れるので、大きくなった子供用にも使えます。

かわいいので、子供も自ら進んで体重計に乗ってくれそうです。

 

 

正確でなくても、このくらいという目安がわかればいい、という人にオススメなのが、自宅にある体重計を使う方法。

とても簡単です。

 

まず、パパさんママさんの体重を測ります。

そして、赤ちゃんを抱っこした状態でまた、体重を測ります。

抱っこして測った体重から、抱っこしていないときの体重をひいたら、赤ちゃんの体重がわかります。

 

赤ちゃんが動くとか、トイレに行ったとか、そういうことで数値が変わってしまうので、正確には測れませんが、簡単でオススメの方法です。

 

大体の数値しかわからなくても、毎日測る方が、検診の時しか測らないというよりも安心ですから、ベビースケールがないお宅にはいいと思います。

 

 

赤ちゃんの体重をちゃんとチェックしたいけど、買うにはちょっと高いし、大きくなったら使えなくなっちゃうし…とお悩みの方には、レンタルがおすすめです。

ベビースケールだけでなく、ベビーベッドなど、赤ちゃんの時にしか使わないものは大体レンタルできるので、とても便利だと思いますよ。

 

  • ナイスベビー

https://www.nicebaby.co.jp/

 

  • ベビーアイランド

https://www.baby-love-land.com/

 

 

これって高い?赤ちゃんの体温の平均ってどのくらい?

赤ちゃんの体温が大人より高いということは、よく知られていることです。

でも、大人だって、人によって体温は違いますよね。

平熱が35度台の人もいますし、36度台の人もいます。

私の知り合いには34度台になってしまうことがあるという人もいます。

 

赤ちゃんの平熱って、どのくらいなのでしょうか。

 

赤ちゃんは平熱が高い、大体37度くらいだというのが一般に知られている体温ですね。

でも、赤ちゃんはみんな一緒ではないですし、37度が平均的だというだけで、それが全員の赤ちゃんに当てはまるわけではありません。

 

なので、自分の赤ちゃんの平熱を知っておくことが大事です。

 

体調がよさそうな日に、「起床時」「昼」「夕方」「夜」の4回、熱を測ることによって、大体の赤ちゃんの体温を知ることができます。

ミルクを飲んだり、寝たり、ちょっと動いたり、そういう活動によって体温は上下しますので、それを知っておくことによって、少し熱があるかなといった小さい変化にも気づきやすくなります。

 

こちらに詳しく書かれています。

https://www.terumo-taion.jp/health/infants/03.html

 

 

また、赤ちゃんの「発熱」の目安は37.5度とされています。

それでも元気にミルクを飲んでいたり、明らかに元気がない場合と、対応の仕方が変わると思いますので、自分の赤ちゃんの平熱を知ったうえで、赤ちゃんの状態をしっかり観察して、受診するかどうか、急いだほうがいいのか、様子を見てもいいのか、という判断をしてくださいね。

 

 

赤ちゃんの体重が増加!重すぎないか心配。年齢別平均と比べてみよう

 

赤ちゃんの成長は著しいです。

体重を毎日測って管理していて機械の故障ではないかと思うくらい体重が増えていてびっくりした経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

ここでは、赤ちゃんの体重が成長につれてどのくらい増えていくのかをお伝えします。

 

 

しっかり母乳やミルクを飲んでいる場合、赤ちゃんの体重増加に関してはそんなに気にする必要はありません。

成長している証拠です。

また、ちょっと体重が増えていないような気がするなと思っても、赤ちゃんはそれぞれに違いますから、元気に母乳やミルクを飲んでいる場合は、そちらも心配しないようにしましょう。

 

体重の増減よりも、赤ちゃんが元気かどうかが重要ですから、過度の心配は無用です。

 

 

生まれて1か月くらいの赤ちゃんは日に40gくらいずつ体重が増えます。

40gって、結構な重さですよね。

パパさんママさんが心配するのもわからないでもありません。

 

赤ちゃんは1か月くらいで大体1000gほど体重が増えるといわれています。

なので、3000gで生まれた子は1か月で4000g、2か月で5000gくらいになるというわけです。

 

月齢が上がるにつれて、体重の増加は落ち着いてきます。

一番成長するのが1か月から3か月くらいの間です。

 

3か月くらいになると、体重は生まれた時の倍くらいになり、身長も10㎝ほど伸びます。

元気に手足を動かしたりするようになります。

 

 

まとめ

 

成長の度合いは赤ちゃんそれぞれによって違います。

生まれた時の体重が2500gくらいの子もいれば、4000gを超えて生まれてくる子もいますから、そんなに気にする必要はないと思います。

 

それよりも、体重を測ってあげたり、毎日体温を測ってあげるなど、しっかり赤ちゃんのことを見てあげて、元気に育っているかを確認してあげる方が重要かと思いますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です