毛虫が隣の家から侵入!これを知っておけば駆除&侵入対策はばっちり!

スポンサーリンク


うちの裏の家には大きな木があって、窓を開けているとよく虫が入ってきます。

私は虫が苦手なので、なるべく窓を開けないようにしているのですが、それでも、洗濯物を干そうとベランダに出たときなんかには虫に遭遇してしまいます。

 

たまに、見たことのない虫がベランダに落ちていたりすると、体が固まってしまいます。

きっと、そういう人は多いものと思います。

 

 

特に、毛虫って気持ち悪いですよね。

本当に嫌です。

本当に嫌で嫌でたまりません。

 

うちみたいに、隣の家に大きな木があったりすると、毛虫に遭遇してしまう人もいらっしゃると思います。

うちには毛虫は出ないのですが、もし一度でも出たら、私はもう二度とベランダには出ないと思います。

 

 

もし、隣の家の木が原因で毛虫の被害にあっていた場合、どのように対応したらいいものなのでしょうか。

隣の人に「木を切ってください」とは言えないでしょうし、自分で侵入してきた毛虫をその都度駆除して対応するしかなさそうですよね。

 

今回は、毛虫について、また、その退治方法について調べてみました。

 

 

毛虫を大事な我が家に寄せ付けない方法とは

 

そもそも、毛虫とは何なのか。

毛虫は、蛾や蝶の幼虫です。

私は、虫の幼虫と言えば青虫とか、カブトムシの幼虫のようにつるんとしたものを想像していたので、意外でした。

毛虫は毛虫という害虫だと思っていたのでびっくりです。

 

 

毛虫は、夏場に発生します。

卵の孵化の時期は年に2回あり、4月頃と9月頃に多く発生するようです。

孵化する時期が2回あるということは、冬の寒い時期以外はずっといるということになりますね。

 

恐ろしいです。

 

 

毛虫の親は、卵を葉の裏に産み付けます。

なので、葉の裏に何か変わったものがある!という時には迷わず取ってしまいましょう。

塊で産み付けるので、全部が孵化したら大変なことがあります。

 

隣の家の人に、枝を切れとは言えないと思いますが、葉っぱに毛虫の卵がついているのでとってもいいですか?くらいなら聞けそうですよね。

 

 

毛虫が多く卵を産み付けるのは、柿の木やバラの木が多いようです。

毛虫の天敵は鳥なのですが、バラにはトゲがありますし、柿の木は硬い葉が密集しているので、鳥が入りにくかったりして、毛虫が生き延びやすい環境なのです。

 

 

でも、隣の家に「バラの木は植えないでください」とは言えませんし、「こまめに剪定してください」というのも気が引けます。

 

やはり、発生してしまった毛虫をどうにかして退治したり、自分の家の方に入ってこないような対策を取ることも必要そうですね。

 

 

もし、自宅に庭があるのであれば、隣の家の木が植えられている方に、毛虫が嫌がる植物を植えることをおすすめします。

ペパーミントなどの、においの強いハーブは虫が嫌がるのでお勧めです。

 

また、市販されているものに、「虫よけ炭」というものがあります。

虫の侵入しそうな場所にまいておくだけで、虫の侵入を防いでくれるもので、毛虫以外にもムカデやカメムシにも効くようですので、まいておくといいと思います。

 

 

一番いいのは殺虫剤をまくことなのだと思いますが、木にもダメージを与えてしまうので、隣の家の木となると、使えないと思います。

なので、まずは毛虫が嫌がって入ってこられないような対策を取っておくことが大事です。

 

 

もし家の中に侵入してしまったら⁉知らないと危険な駆除方法

毛虫が家の中に入り込む原因として考えられるのは、洗濯物にくっついてしまっていたとか、窓が開いている隙間から入り込むとか、簡単な理由であることが多いです。

 

まずは、網戸をチェックするとか、ベランダの近くに気があるのであれば、洗濯物を外に干さないようにするとか、自分でできる対策を取ることが大切です。

 

 

もし入ってきてしまったら。

 

 

とりあえず殺虫剤で何とか…と思いますが、ちょっと待ってください!

 

毛虫の種類によっては、殺虫剤のスプレーの勢いで毛虫の毛が飛散してしまう場合があります。

もし、その毛虫が毒を持ったものであった場合は、飛んだ毛で二次被害が発生してしまう恐れがありますので、専用の殺虫剤を使うのをおすすめします。

 

チャドクガ毒針毛固着剤

https://item.rakuten.co.jp/mushi-taiji/n72019800/

 

チャドクガと書いてありますが、他の毛虫でも毒を持っているかどうかは見分けがつきませんので、家の中で見つけた場合には、この固着剤で固めてしまうのがいいでしょう。

そして、捨てるときにも、間違って触ってしまうことのないように、ビニール袋に入れるなどして捨てるようにしましょう。

 

まとめ

毛虫、本当に嫌ですよね。

 

うちは去年の夏、毛虫ではなさそうなのですが、何かわからないにょろにょろした虫が家の中に発生していてものすごく怖かったです。

窓という窓のサッシと網戸に防虫のスプレーをまきました。

おかげで入ってこなくはなったのですが、今年もあるかもしれないと思うと恐怖です。

 

 

私の虫対策の一つをご紹介しますね。

 

網戸と窓サッシの隙間にはモヘアというふさふさした毛があるのですが、年数がたってくるとそれが劣化してしまいます。

業者さんに言うと交換してもらえますし、自分で対策することもできます。

窓を開けて網戸とサッシの間に隙間があるかないかはすぐにわかるので、対策すれば隙間から虫が入ってくるのも防げますよ。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です