マンガン電池ってアルカリ電池の何が違う?赤と黒があるけど違いはあるの?

スポンサーリンク


マンガン電池と聞いて、すごく懐かしい雰囲気を感じませんか?

昔はよく使っていたイメージのあるマンガン電池ですが、今はアルカリ電池が主流となりなかなか見かけなくなったように思います。

 

そもそもマンガン電池とはどういうものなのでしょうか。

 

実はマンガン電池とアルカリ電池はそもそもの仕組みが異なり、使う製品によって使い分ける必要があるので、そもそもの種類が違うのです。

 

マンガン電池には、赤マンガンと黒マンガンがあります。

これも電池の種類の違いで、その違いは、

 

赤マンガン・・・電力を一気に必要としないもの

黒マンガン・・・一気に電力を必要とするもの

 

という違いがあることが分かりました。

 

赤マンガンを使用する製品としては、懐中時計や時計。

黒マンガンを使用する製品としては、ラジコンやストーブなどがあります。

 

徐々に電池を利用して使うものは赤、一気に使うものを黒と覚えておくと、覚えやすいですね。

 

ですがこのマンガン電池、容量が小さいため負荷電流が少ないものに向いています。

そのため最近では見かけなくなりつつあるのです・・・。

 

マンガン電池の仕組みはこうなっている!だから安かった!

昔は主流だったマンガン電池ですが、仕組みを理解しておきましょう!

 

マンガン電池は成分として、電解液に弱酸性の塩化亜鉛などを使用して作られています。

 

対する容量が大きく今主流のアルカリ電池は、電解液に二酸化マンガンや亜鉛を増やし、電解液にアルカリ性の水酸化カリウムを使用しています。

 

電解液に使用しているものがマンガン電池のほうが少ないため、安価で販売されているんですね。

 

しかし容量が違いますので、安いからと言ってマンガン電池を買ってもすぐに取り換えなければならなかったり、マンガン電池では対応していない製品も多くあります。

 

スイッチのオンとオフの切り替え頻度が多いものだったり、微弱な電流でも機能するようなものにはマンガン電池を今でも使うことができますよ!

 

マンガン電池は、一気に電流を使うものと言うよりは、ちょこちょこ使って休んでいるうちに電圧が回復するという特徴があります。

ずっとつけていないけれど電池は入れっぱなしのものって意外とありますよね。

リモコンや携帯ラジオもマンガン電池が対応していたりします。

 

マンガン乾電池は、単1、単2、単3、単4型、角型9Vの5種類があります。

今でも販売はされていますが、場合によってはお店に売られていない可能性もあります。

 

ですがたまたま買いに行ったところが、マンガン電池しかなかった!ということももしかしたらあるかもしれません。

 

その場合は、電池を入れたい製品がマンガン電池でも対応しているかを確認しましょうね。

アルカリ電池対応の製品にマンガン電池を入れて、動かないということはないかもしれませんが、小一時間で電池がなくなってしまうという可能性もあります。

 

製品に〇〇電池を使ってください、と記載があれば、きちんと守って使用するのが一番ですね!

 

今はもうマンガン電池って売ってないよね?なんだか懐かしいパッケージ…

 

そう、今はもうあまりマンガン電池を見かけなくなってしまいました。

それだけアルカリ電池が主流になり、電流の大きいものを使う製品が増えたということになります。

 

ですが昔からずっと使っている製品がマンガン電池対応であったり、家にとっておいたマンガン電池が古くなって、新しいものを買い置きしておきたいときなど、マンガン電池が必要になる場面ももちろんあります。

 

今は店舗には売られていないことが多いですが、インターネットではまだマンガン電池が売られていたりします。

 

送料がかかってしまうことがあるかもしれませんが、探せばインターネットには売られていますので検索してみてください。

 

もしどうしても売っていないけれど製品を動かしたい場合、少し使ったことのあるアルカリ電池を入れて試してみる方も多くいます。

 

まずは取扱説明書をよく読んで、自己責任で行ってくださいね。

ですが本来であれば、指定された電池を使用するのがよいです。

 

液漏れがあったりしてうまく作動せず、製品が壊れてしまうのが一番悲しいですよね。

 

探せばインターネットではマンガン電池をまだ取り扱っているところがあったりしますので、まずは探してみましょう。

 

まとめ

 

最近ではめっきりマンガン電池を見かけなくなり、アルカリ電池が主流となりました。

 

ですがまだまだマンガン電池を必要としている方もたくさんいます。

きちんとその製品に合った電池を使うようにして、もしマンガン電池が売っていない場合はインターネット上もくまなく探してみてくださいね!

 

マンガン電池のほうが原料が少ないため安く設定されています。しかしそれだけ電力は弱く、すぐに電池が切れてしまう可能性もあります。

メリットとしてはまだまだアルカリ電池がよいこともありますが、マンガン電池しか対応していないものもまだ多く存在します。

 

製品に合ったものをきちんと選んで使うようにしてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です