クロームでユーチューブをダウンロードする方法!気になる動画も要チェック!

スポンサーリンク


ユーチューブを日常で見ている方はたくさんいると思いますが、その見方はさまざまですよね!

 

私は主にスマホのユーチューブアプリで見ていますが、今はテレビやタブレットで見ている方もいますし、アプリではなくクロームを使ってダウンロードして見ている方もとても多いのではないでしょうか。

 

このクロームでダウンロードして見る方法ですが、いつも自宅でwi-fi環境で見ている方にとってはなじみがないかもしれません。

 

ですが外でユーチューブを見るとなると残りのデータ容量を気にしなければなりませんので、あらかじめ見たいものをダウンロードしておいて、データ通信を行わずにユーチューブを見るときに、クロームでダウンロードをしておくということなんです。

 

そしてユーチューブの動画はいつ削除されるかわかりませんので、お気に入りのものを保存しておきたいときのためにも、このダウンロードは使えます。

 

ではさっそく、クロームでユーチューブをダウンロードする方法をご紹介していきたいと思います。

 

まずインターネットで「Savefrom.net」と検索します。

そして開いてみると、ダウンロードしたいユーチューブのURLを張り付ければ、ダウンロードをすることが可能です。

 

それか拡張機能を使ってダウンロードすることもできます。

『YouTube Video Downloader』

こちらをクリックし、ダウンロードし、解凍します。

 

そしてクロームを開いて設定→その他のツール→拡張をクリックします。

デベロッパーモードをONにし、ドラッグ&ドロップで拡張をクロームにインストールしてくださいね!

 

最初のインストールが少し面倒ではありますが、一度やってしまえばそのあとはらくちんですよ!

 

こちらをダウンロードしておくと、ユーチューブを開いたときにダウンロードボタンが追加されています。

動画のサイズや音声のみなど、ダウンロードしたい方法を選んでダウンロードができます。

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

ipadにユーチューブをダウンロードってできる?外で通信料を気にせず動画を見たい!

では次は、ipadを持っている方でユーチューブをダウンロードしたい!という方に方法をご紹介します。

 

最近思うのですが、子供は結構youtubeを見ている子が多くipadを車の中で見たりしているんですよね。

待ち時間などにも活用したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

私もipadを持っているのですが、ダウンロードしたいユーチューブがあるときは、先ほどご紹介した、

「Savefrom.net」を使ってダウンロードするのが一番楽だと思います。

このとき、あらかじめipadにApp Storeから「Documents by Readdle」をダウンロードしておく必要があります。

 

そしてSavefrom.netでダウンロードしたい動画のURLを取得し、 Documents by Readdleに戻ってURLを張り付けてダウンロードをします。

 

これでできますので、非常に簡単です!

 

ユーチューブ動画をパソコンに保存して、iDeviceにコピーするといった方法もありますが、 Savefrom.netが一番楽にダウンロードできるかなと思います。

 

こちらも試してみてくださいね!

 

ちょっと待って!その動画のダウンロードは違法じゃない?ユーチューブ利用の落とし穴

 

実はユーチューブの動画をダウンロードするのは、気を付けなければならないことがあります。

 

それは、そのダウンロード自体が違法になっていないかを確認しなければいけないということです。

 

違法にアップロードされたとわかっているものをダウンロードしてしまったら、あなたも罪に問われることになってしまいます。

また、ダウンロードしたものを自分でアップロードすることも違法です。販売ももちろんいけません。

 

基本的にユーチューブ自身もダウンロードを規約で禁止し始めていますので、進んでダウンロードをすることはあまりお勧めできません。

本当にダウンロードしてもいいものか、きちんと確認してから行ってくださいね!

 

まとめ

 

ユーチューブをダウンロードする方法についてご紹介しました!

 

今は著作権の問題などが厳しくなっていますので、まずは自分の行っていること、行おうとしていることが違法ではないかをきちんと確認しましょう!

 

ユーチューブは公開されているものを再生するだけでは、罪に問われることはありません。

ダウンロードしないほうがいいかな?と思ったものは、再生するだけに留めておいたほうが安心ですね。

 

またお金を払って使える「Youtube Premium」など、ダウンロードを公式で安全にできるものも出てきていますので、こうしたものを利用してみるのもおすすめです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です