プロに聞く!桜の苗木の上手な植え方!失敗しない為のコツを学ぶ

スポンサーリンク


園芸が趣味で植物を育てている方が増えているようです。

キレイな花が咲くと、それだけで嬉しいですし、気持ちが和みますよね。

今回は、桜の苗木についての情報をまとめていきます。

 

桜の苗木を育てる場合、どのような方法で育てたらいいのでしょうか?

失敗しないコツや秘訣などを確認していきましょう。

本記事では、桜の苗木の上手な植え方や適した時期など、幅広くご紹介していきます。

桜の苗木で迷ったら、ぜひ、参考にしてみてください。

 

それでは、早速見ていきましょう。

 

 

桜の苗木の上手な植え方について

 

桜はキレイな花ですよね?春を象徴している花ではないでしょうか?

そんな桜を楽しむためには、まずは、苗木を植えることから始まります。

ただ、苗木を植えればそれで終わりというわけではなく、植えてからが始まりになります。

そこで、桜の苗木の上手な植え方について確認していきましょう。

 

まずは土作りから始めましょう。

桜は水はけと水もちのバランスがよく、栄養分の高い土を好みます。

おすすめは、赤玉土(小粒)4:腐葉土3:黒土3:。

または、赤玉土(中粒)5:川砂3:腐葉土2の割合で混ぜ合わせた土がいいでしょう。

 

鉢植えでは、土の表面が乾いたら、適度に水を上げることが大切です。

たっぷりと水を与えるようにしましょう。

さらに、肥料の与え方にも注意が必要です。

桜は栄養分の高い土を好む性質があります。そのため、肥料はたっぷりと与えるといいでしょう。

桜の苗木を植え付ける時に、土にゆっくりと効く、緩効性肥料と、堆肥を混ぜておくと効果的です。

その上で、2月~3月と、5月~6月に同じ肥料を施します。

 

それ以外の注意点は害虫対策です。

桜は、害虫が発生しやすい植物なので、対策が必要になります

害虫が発生している時は、薬剤を使いながら駆除していくといいでしょう。

 

桜がある程度育ってくると、枝は切ってもいいのでしょうか?

桜は12月~3月ごろが剪定の時期です。

ただ、桜は剪定を嫌うので、できるだけ自然な形で剪定をするといいでしょう。

また、剪定した枝の表面から雑菌が入ってしまうケースがあるので、切り口に癒合剤を塗るのを忘れないようにしてください。

 

 

桜の苗木を植える時期はいつが最適?

桜の苗木はいつ頃植えたらいいのでしょうか?

適した時期がありますので、コチラで確認していきましょう。

 

基本的に、桜の苗木を植え付けるのは、11月~12月上旬、そして、2月下旬~3月中旬が適しています。

ただ、寒さに当たると、桜の本体が傷んでしまうので、注意した方がいいでしょう。

その上で、植える前に成長した後の樹高を調べておくと効果的です。

 

鉢植えならば、マメザクラ、旭山。河津桜などの小型の品種があっています。

地植えならば、天の川や関山など5メートル~10メートルに成長するものがおすすめです。

 

一般的に、苗木よりも1~2回り、大きな鉢に植えるようにしましょう。

この時、根についた土は1/3程、落として長く伸びた根は切ってしまうといいです。

さらに、苗木は倒れやすいので、横に支柱を用意しておくとなおいいでしょう。

 

ここで桜の植え替えの時期も紹介しておきましょう

鉢植えは、2~3年に一度行います。時期は、12月~2月に1回り大きな鉢に植え替えをします。

こうすることで、根詰まりを防ぐことができます。

但し、植え替え直後は、株が弱っており、肥料を与えすぎると枯れてしまうので注意しましょう。

 

 

桜の苗木がきちんと成長しているのはどこを見たらよい?

 

桜の苗木をしっかりと育てるためのポイントを見ていきましょう。

ポイントを抑えておけば、しっかりと育てられるようになります。

 

まず、日当たりに関して見ていきましょう。

一般的に桜は日当たりのよい所を好みます。

ただ、強い西日が当たるようなところは適していません。

樹形は隣接する樹木の影響を受けやすいため。樹形が崩れやすい傾向があります。

 

苗木を育てていく時は、適度に日光が当たる環境がいいでしょう。

例えば、朝日に当てたら、午後からは室内に移すなど、工夫した方がよさそうです。

また、通気性や透水性がよく、水もちがいい土壌を好みます。

 

続けて水やりについても見ていきましょう。

庭植えの桜の場合、基本的に水やりは不要です。

それでも、夏場など、乾燥が続くときは、2週間に一度程度朝のうちに水をやるといいでしょう。

鉢植えの株の場合は、夏場は1~2日に1回程度朝のうちに水やりを行うといいでしょう。

 

肥料に関しても確認していきましょう。

植え付ける時に、植え穴の底部に元肥として化成肥料を堆肥に混ぜて入れると効果的です。

それ以外には、害虫対策も必要です。

桜は害虫が発生しやすいので、しっかりと対策を行うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

今回は桜の苗木に関する情報をまとめました

桜はキレイな花を咲かせてくれますし、非常に育て害がある植物です。

意外と育てるのが難しいと思われていますが、コツさえ守れば、しっかりと育てられるようになります。

 

本記事では、苗木の育て方や、コツやポイントなどをまとめて紹介しました。

桜の育て方で迷った時は、ぜひ、本記事を参考にしてみてください。

丹精込めて育てれば、きっと美しい花を咲かせてくれるでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です