エクセルの掛け算を簡単にする方法!列ごとに掛け算もこれなら簡単!

スポンサーリンク


エクセルも少しずつ覚えてできるようになってくると、もっと効率化できないかな?と思ったりしますよね。

 

私もまだまだ知らない関数や便利機能があるのですが、掛け算をエクセルでするときに便利だな~と思ったのが、列ごとに掛け算をする方法です!

 

エクセルには簡単に掛け算をできる方法があります。

もちろんそのセルに、「=A1*B1」のように一つ一つ手入力をして掛け算をしていくこともできます。

 

ですが一気に掛け算をしたい!列ごとにしたい!ということになったときに、

一つ一つ手入力していたら相当な時間がかかってしまいますよね。

 

そんなときに使えるのが、オートフィル機能です。

このオートフィル機能はこの掛け算以外にも本当に使える機能なので、ぜひ覚えてほしいと思います。

 

先ほど「=A1*B1」と掛け算をしたいセルを入力しましたが、これを列ごと同じように計算したい場合、「=A1*B1」と入れたセルの右下にカーソルを合わせます。

 

すると、「+」が出てきますのでそのままクリックしてカーソルを列の下に移動させます。

 

そうすると一気に列の下まで同じように計算できますよね!

掛け算も列の下まできちんとされているので、クリックを外して一つ一つセルの中を見てみて下さい。

 

他の列も同じように計算できますし、もちろん掛け算だけでなく足し算や引き算、割り算も同じようにできます。

 

本当に便利な機能なので、ぜひ覚えておいてください!

 

列ごとの計算に一つずつ掛け算?エクセルならこんなこともできる!

 

掛け算といえば「*」を使って一つ一つセル*セルと入力していくと思われていますが、実はSUM関数のように関数を使うともっと簡単にできます!

 

先ほどは一気に列ごと同じ掛け算をする場合を示しましたが、例えば

「B列×C列×D列」の結果をE列に表示したいとします。

 

普通でしたら、「=B3*C3*D3」と入れて結果をE3に出すこともできますが、

いちいち「*」を入れなくても、

「=PRODUCT(B3:D3)」と入れれば、同じように計算ができるんです。

 

そしてその結果をE4、E5のセルにも同じように掛け算の結果を入れたい場合は、

先ほどのオートフィル機能を使って、E3の結果の右下の+を列の下にクリックで移動させればできます!

 

さらに「=SUMPRODUCT」という関数を使えば、先ほど出したE3.E4・・・の結果を関数で総合計することができます。

 

例えば、「=B3*C3*D3」をE10まで出したとします。

そうなると、「=SUMPRODUCT(B3:B10,C3:C10,D3:D10)」これが総合計になります。

 

要するに、「=SUM(E3:E10)」と同じものが出るということなんですね。

 

足し算と掛け算を組み合わせた「=SUMPRODUCT」もよく使う関数ですので、ぜひ覚えておきましょう!

 

エクセルで掛け算するならパーセントはどう表示する?

掛け算をするときに、パーセントで表示されたものを掛け算したいときありますよね。

すぐに思いつくのは、消費税です。

 

消費税の計算をするときに、例えば100円×8%の計算をエクセルでしたいときは、どのように表示すればいいのでしょうか。

 

8%は0.08と数字だけで表すことができるので、普通に考えれば「=100*0.08」と入れれば答えが出ますよね。

 

しかしいちいち手入力で0.08と入力するのはとても面倒です。

それにすべて8%で計算したいわけではないときは、それぞれ0.1、0.05などと入力していかなければならずそこまではしていられないときもありますね。

 

そんなとき、わざわざ数字に戻さなくても「=100*8%」と%を入力すれば、それが機能して勝手に0.08にして計算をしてくれるんです!

 

要はエクセルはちゃんと%を読み込んでくれるんです!

 

さらに出した結果も%で出したいときもあるでしょう。

そんなときは、右クリックのセルの書式設定で、数値のカテゴリーをパーセントにして表示してみてください。

 

すると結果も%を加味して計算して表示してくれますよ!

 

%をエクセルは理解してくれているので、わざわざ私たちが入力しなおさなくてもいいのは本当に助かりますよね。

 

まとめ

 

エクセルの掛け算は私も日々使っているのですが、オートフィル機能やSUMPRODUCTの関数を使うことで本当に手間が省けています。

 

さらに消費税の計算や、割合を求めたいときに%もよく使いますが、それを勝手に計算してくれるというのもとても便利なポイントです。

 

エクセルに慣れてくると、ここはこうできるかな?いちいち手入力しなくてもできるかな?と思うようになってきます。

 

調べてみると、だいたいそこは簡素化することができて便利な関数や機能があったりするんですよね。

 

ぜひ、少しでももっとやりやすくしたいと思ったら調べてみてください。きっと解決方法があると思います!

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です