赤ちゃんの寝かしつけは何時頃?困ってるお母さん必見です!

スポンサーリンク


日中ずっと赤ちゃんと過ごしながら家事をして、お昼寝したと思ったらすぐに起きてしまう。

休む時間がほとんどない…。

 

せめて夜は早く寝てほしい。

ちょっとでもいいから自分がゆっくり休める時間が欲しい…。

 

そんなお母さんはたくさんいると思います。

 

お母さん同士で話をしていると、「うちは8時には寝るよ」「うちは9時かな」とか、赤ちゃんの寝る時間はその過程によって違いますね。

お父さんが仕事から帰ってくる時間まで起きているという家庭もあるでしょうし、お父さんは帰りが遅くていつも寝顔を見るだけ、という家庭もあると思います。

 

とはいっても、寝かせたいと思っても寝てくれない…と悩んでいるお母さんも結構多いはず。

赤ちゃんは何時頃に寝るのがいいのでしょうか。

 

 

まず、よく聞くのは、「9時くらいまでには寝かせたほうがいい」ということです。

午後10時から午前2時までの間はゴールデンタイムと言われているのを聞いたことがありませんか?

大人でも、その時間帯に寝ていると美容にもいいとか言われますよね。

 

そう言われる理由は、その時間帯に成長ホルモンが活発に分泌されるためです。

「寝る子は育つ」と言いますが、その時間帯から朝にかけてゆっくりぐっすり眠れると、成長ホルモンがうまく分泌されるために、そうなると言われているのだと思います。

 

赤ちゃんがその時間に眠れるように、朝起きる時間はこの時間、お昼寝はこの時間、ご飯はこの時間、などと、ざっくりでいいので時間を決めてあげて、生活のリズムを整えてあげるようにすると、夜寝る時間も同じくらいの時間に整えてあげることができます。

 

 

絵本は効果ある?赤ちゃんの寝かしつけにもってこいアイデア

 

赤ちゃんにしっかり眠ってもらうため、お母さんはいろいろな工夫をすると思います。

絵本を読んだり、子守唄を歌うなんて言う人もいるかもしれません。

 

赤ちゃんがうまく寝てくれるためには、まず、この時間があなたの寝る時間ですよ、ということを教えてあげる必要があります。

 

その時間を教えるために、「入眠儀式」を決めましょう。

「入眠儀式」というのは、赤ちゃんが眠りに入るときの習慣、ルーティンのことです。

毎日それをすることによって、赤ちゃん自身が「もう寝る時間なんだな」ということを意識できるようになります。

 

入眠儀式は赤ちゃんによってそれぞれ合うもの合わないものがあると思いますので、色々試して合うものを探してあげましょう。

 

代表的なものとして、

 

・お腹をトントンしてあげる

・頭を優しくなでてあげる

・絵本を読んであげる

・穏やかなゆったりした音楽を流す

 

などがあります。

赤ちゃんがリラックスできそうな環境を整えてあげることが大事です。

 

 

入眠儀式として、赤ちゃんに絵本を読んであげている人は多いと思います。

でも、それでも寝てくれないという場合もありますよね。

 

もしかしたら、絵本の選び方、読み方が間違っているかもしれません。

 

ある程度大きくなれば、「今日はこの本読んで!」なんて自分で選んで持ってきてくれることもあると思いますが、そういう場合でも、読み方は重要です。

 

読むときは、落ち着いた声で、ゆっくり読むようにしましょう。

赤ちゃんをリラックスさせて眠らせるために読む本なので、ちょっと低めの声で、ゆっくり読むことにより、赤ちゃんも落ち着きます。

 

落ち着いた声でゆっくり読むわけですから、内容も落ち着いたものにしましょう。

桃太郎みたいな、鬼が出てきて鬼退治、という内容を落ち着いて読むのは難しいですよね。

 

そういう本を読むのは、起きているお昼の時間にしましょう。

 

 

赤ちゃんも安心?寝かしつけで添い寝する派?しない派?

 

 

赤ちゃんが寝たら食器を片づけて…散らかったリビングを片づけて…と思っていても、添い寝しながら寝かしつけをしている間にお母さんが寝落ちしてしまうということはよくあると思います。

 

ずっと赤ちゃんのお世話と家事をしていると、どうしてもそうなってしまいますね。

添い寝をせずに寝かしつけができたらいいのにと思っているお母さんも多いはず。

でも、添い寝しないなんて、赤ちゃんに愛情が伝わらないのではないかと思ったりもしませんか?

 

 

実は、ちゃんと入眠儀式をしてあげて、赤ちゃんが眠るリズムを作ってあげれば、赤ちゃんにとって添い寝をするしないはあまり関係ありません。

 

実際、外国では小さい頃から自室を与えて一人で寝るということも多いようですし、だからと言って愛情不足だとは誰も言いませんよね。

 

 

赤ちゃんの個性で、お母さんがそばにいないと眠れないという子もいるでしょうし、ちょっとお腹をトントンするとすぐに寝てしまう、という子もいるでしょう。

昨日は絵本を読んであげたらすぐに寝たのに、今日は寝てくれない、という日もあるでしょう。

 

その時その時の赤ちゃんの気分や体調によっても状況は変わるでしょうから、あまり神経質にならずに、その時その時で、今日はちょっと不安定だなと思ったら添い寝してみるとか、絵本を読んだらすぐに寝たから添い寝しなくてもいいなとか、お母さんにとっても楽な方法をとるのがいいと思います。

 

お母さんの不安やイライラを、赤ちゃんは敏感に察知しますので、お母さんにとってもストレスにならない方法を考えるのがいいですね。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんが寝てくれないということに悩まない人はいないと思います。

まず、大事なことは、赤ちゃんの生活リズムを整えてあげることです。

 

そして、入眠儀式。

毎日この時間に起きて、この時間は遊んで、お昼寝して、ご飯を食べて、という毎日のルーティンの中に、入眠儀式というルーティンを加えてあげることによって、赤ちゃんにとっての快適な生活ができていくと思いますので、ぜひ、行ってあげてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です