これで簡単!冷凍うどんを簡単に解凍する方法をプロに聞いてみた!

スポンサーリンク


スーパーなどに行くと、冷凍したうどんが売っていますよね?

うどんを食べる機会が多い方は、よく購入されるのではないでしょうか?

今回は、冷凍うどんにスポットを当て、色々な情報を解説していきます。

 

冷凍うどんを購入した場合、どのように解凍したらいいのでしょうか?

その手順を確認していきましょう。

どうやら、レンジを使うなど、さまざまな解凍方法があるようです。

 

また、冷凍うどんの気になるカロリーに関してもまとめていきます。

ダイエット中の方は併せて参考にしてみてください。

本記事を参考に、冷凍うどんを美味しく食べられるようになりましょう。

 

あると便利!冷凍うどんについて知ろう

皆さんは冷凍うどんをご存知でしょうか?

主婦の方なら、間違いなく知っていますよね。

その名の通り、麺が冷凍された状態で売っているうどんです。

 

基本的にスーパーで購入するのが一般的ですが、今はコンビニなどでも手軽に手に入るようになっています。

大体5食で1パックとなっており、値段も数百円とリーズナブルです。

短時間で作れるので、一人暮らしのサラリーマンなどにもお勧めできる食材です。

きっと、まとめ買いして、常備している方も多いでしょう。

 

そんな冷凍うどんですが、どのように解凍するのがベストなのでしょうか?

せっかくうどんを食べるのですから、美味しくいただきたいものです。

次項以降、詳しく解凍方法をまとめていきます。

 

冷凍うどんの簡単な解凍方法とは?

うどんのコシは、茹でた直後が最も強くなるのです。

そして冷凍うどんは、このコシとモチモチ感が強い状態の中で、急速に冷凍して作られます。

そのため、冷凍でもコシのある麺が楽しめるのです。

 

そんな冷凍うどんですが、解凍をしっかり行わないと、美味しく食べられません。

どんな風に解凍するのがベストなのでしょうか?

簡単なやり方をプロに聞いてみました。

 

プロがおすすめする方法は、沸騰したお湯で茹でるということです。

冷凍うどんは、冷凍したままの状態で、茹でると効果的に解凍ができます。

やり方もとても簡単で、沸騰したお湯の中に冷凍うどんを入れるだけです。

 

解凍時間の目安は、大体60秒前後で、かなり早く解凍ができます。

そのため、お湯さえ沸騰させれば、かなり短時間でうどんを作ることができます。

ちなみに、大体60秒で解凍できますが、各メーカーによって、違いがあるようです。

パッケージに記載されている、調理法を確認しておくといいでしょう。

 

では、自然解凍はできるのでしょうか?

冷凍うどんの自然解凍は止めた方がいいでしょう。

これは解凍まで時間がかかってしまい、のびた状態になってしまうためです。

うどんの特徴であるコシが失われてしまい、美味しくなくなってしまいます。

そのため冷凍うどんは、お湯で茹でて解凍した方がいいでしょう。

冷凍うどんはレンジでチン!が便利

冷凍うどんは、基本的に沸騰したお湯で茹でて解凍します。

しかし、お湯を沸かすのは意外と面倒です。時間がない時は不向きですよね?

そんな時は、どのようにしたらいいのでしょうか?

おすすめの解凍方法を、もう1つご紹介します。

 

その解凍方法とは電子レンジを使う方法です。

実は、冷凍うどんは電子レンジを使っても解凍が可能になっています。

やり方も非常に簡単です。

 

耐熱の平皿を用意して、その上にうどんを置きます。

さらに、ラップをかけて、後は電子レンジで加熱するだけです・

加熱時間は、600Wで大体2分半と言ったところでしょう。

2袋を同時に加熱する場合は、重ならないように、皿の上に並べて5分程度加熱すればOKです。

 

冷凍うどんの種類によっては、袋ごとレンジにかけられるものもあるので、そのような商品を使うと、さらに便利に解凍ができるようになっています。

 

ちなみに冷凍うどんをレンジで温めると、茹でるよりもコシがでるようです。

そのためコシの強いうどんを楽しみたいのであれば、冷凍うどんは電子レンジで温めるといいのではないでしょうか。

 

気になる冷凍うどんのカロリーに迫る!

冷凍うどんのカロリーはどのくらいなのでしょうか?

炭水化物であるうどんは、カロリーが高いと思われていますが、どうなのでしょう?

この項目では、冷凍うどんのカロリーについて迫ります。

ダイエット中でも食べられるのでしょうか?

 

まずは、冷凍うどんも普通のうどんも基本的なカロリーは同じです。

冷凍だからカロリーが下がったり、上がったりするわけではありせん。

うどんは100gで105Kcalとなっています。

白米が100gあたり168Kcalあるので、それに比べれば低カロリーです。

 

うどん一玉は大体250g程度なので、一食当たりのカロリーは262Kcal程度になります。

そのため、ダイエット中でもうどんは食べられます。

一食をうどんだけにすれば、その分摂取カロリーが減らせるため、痩せるという仕組みです。

 

また、うどんに含まれる炭水化物は100gあたり21.6gとなっています。

白米が100gあたり37.1gであるため、うどんは格段に炭水化物が少なく、ダイエットにも有効です。

 

 

まとめ

 

あると便利な冷凍うどん。日常的に常備している方も多いでしょう。

今回は冷凍うどんにスポットを当て、色々な情報をまとめてきました。

まずは、冷凍うどんの解凍方法を解説しました。

沸騰したお湯で茹でるのが一般的ですが、電子レンジを使っても解凍ができるようです。

自分のスタイルに合わせて、解凍方法を選んでみてください。

 

また、冷凍うどんのカロリーもまとめました。

うどんは白米に比べてカロリーが低いため、ダイエットにも有効のようです。

 

本記事を参考にしながら、冷凍うどんを堪能しましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です