娘への接し方がわからないお父さんは必ず読もう!これで少し関係が和らぐ?

スポンサーリンク


子供が大きくなってくると直面するのが、思春期・反抗期ですね。

成長の証だとは思っていても、なかなか理解することができずに接し方が分からなくなる方も多いと思います。

 

特にお父さんは、娘に対してどう接したらいいか悩むのではないでしょうか。

私も昔思春期の頃は、父親に対してあまり話さなくなったりする時期がありました。

 

大人になった今では何事もなかったかのようにいい関係なのですが、思い返してみるとその頃は少し関係がぎくしゃくしていたな~と感じます。

 

ですが、その理由については明確なものがあったわけではないのです。

〇〇だから父親が嫌だ!〇〇をされたから!といったような明確な理由はなくて、

なんとなくなんです。

 

なんとなく娘のほうも、父親とどう接していいかわからなくなっている時期なんです。

 

ではこういう時期が訪れた時、父親はどのようにすればいいのでしょうか。

 

まず、態度を変えないことです。

思春期の頃、子供はホルモンのバランスが変化している時期でもあります。

それだから、急に態度を変えたり怒ったりということがあるんです。

 

それに父親も反応して、一緒になって態度を変えていたら余計にぎくしゃくしてしまいますよね。

 

そういう時期なのかなと思って、あえて態度は変えずいつも通り過ごしてみてください。

無理に話しかけたりするのは逆効果です。思春期が落ち着くと、また優しい娘さんに戻っていると思います。

そういう時期であることをまず、理解してあげてくださいね。

 

思春期と同時にやってくるのが反抗期。

何を言っても反抗してきたり、してほしくないことをしてみたり・・・。

私も思い返せばいろいろあったな~と思います。

 

では反抗期の娘が考えていることって、何なのでしょうか。

 

反抗期の娘が考えていることはコレだった。父としてベストな接し方

娘が反抗期になると、その変化に戸惑ってしまいますよね。

ついこの間まで「パパ~!」と言っていたのに、急に変わると戸惑ってしまいます。

 

私でも覚えている反抗期に考えていることですが、

周りの目がとにかく気になりました。

 

周りとは違う、その変化に敏感になる時期だと思います。

ですのでその頃は、父親と一緒に買い物に行くなんて誰にみられているか分からない、と思ってなかなか行けませんでした。

 

それがうまく伝えられずに、なんとなく父親を拒否してしまっているのではないかなと思います。

 

さらに、自分はこうしたい!という意思がより強くなる時期でもあります。

今までは親に言われたことを怒られないように守ってきたかもしれません。

しかし徐々に、自分はこうしたいんだという気持ちが出てきて、それが反抗という形になって表れてくるんだと思います。

 

それを頭ごなしに親が反対すると、言い合いになって俗にいう反抗期の家庭の雰囲気になります。

 

そうならないためにも、まず父親が娘はこう考えているのではないかと理解し、もう一人の女性として扱ってもいいでしょう。

 

いつまでも子供扱いされるのも、反抗期を悪化させる原因なんですよね。

大人へのあこがれがとても強くなる時期なので、一人の女性として関わるくらいの対応でいいと思います。

 

何か困ったときはサポートしてあげるからね、と親として支えていることを伝えてあげて、あとはある程度見守るくらいでいいのではないでしょうか。

 

これで安心!娘の父への接し方が思春期に変わる事は生物学上正しい!

 

いきなり思春期が訪れると、娘はどうかしてしまったのではないか!と思う方もいるかもしれません。

 

しかし娘が父への接し方が変わるというのは、正しいことなんです。

実は大人になるためには、親と物理的に距離を取ろうとします。それは異性の場合がより強くなります。

 

というのも、思春期の頃に異性というものをより認識しはじめますね。

もし異性である父親のことを、子供の頃のまま大好きになってしまったら・・・それはいけません。

 

人間は血のつながった家族を異性として認識しないために、思春期に親から距離をとるようにプログラムされているんです。

 

そう考えると、生物学上この思春期というのはとても大切な時期なんだなと理解できますよね。

 

父親としてはとても悲しいことですが、自分の娘がほかの異性に興味を持ち、ゆくゆくは結婚して家庭を持ってほしい、と思うことでしょう。

そのために必要なステップなんだと理解し、受け入れてあげてくださいね。

 

中には反抗期がない子もいたりします、反抗期はとーっても大切なことです。

自己主張をし、こうした心の成長を遂げる大事な時期でもあります。

 

反抗期があることはいいことなんだ、と思って見守ってあげてくださいね。

 

まとめ

 

思春期に子供が入ると、親のほうがどうしていいかわからなくなるイメージがあります。

しかし実際に戦っているのは子供です。

 

思春期が終わると、落ち着いて親に接してくれるようになります。そして徐々に親孝行をしてくれたりします。

 

子供の成長を見守り、よりよい大人になってもらうために大切な時期であることを、知っておきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です