パート労働者サン必見!旦那の扶養に入るためには収入は130万円までならOK?

スポンサーリンク


旦那の扶養に入りながら、パートとして働いている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

扶養に入っていると、いくらまで稼げるかというのを気にしなければならないと言われますよね。

よく、103万や130万の壁という言葉を耳にします。

 

実はこれ、自分がパートで働いているのによく分かっていないという方も多くいらっしゃいます。

私もそこまで詳しく認識できていません・・・。

 

そこで、まず旦那の扶養に入るためには収入はいくらまでならOKなのかを見ていきましょう。

 

実は旦那の年収が「年収1,120万円以下」「年収1,120万円超1,170万円以下」「年収1,170万円超1,220万円以下」「年収1,220万円超」で扶養に入れる額は変わってきます。

かなり高年収での境目となりますので、今回は旦那の年収が「年収1,120万円以下」に絞ってみていきます。

 

旦那の社会保険(健康保険、厚生年金)の扶養に入るためには、妻の年収が130万円未満であることが必須です。

所得税の扶養に入るためには、妻の年収が150万円未満となります。

 

扶養といっても、社会保険と所得税の扶養があるんです。

社会保険は、自分の保険証が旦那の会社のものなのか、国民健康保険証なのかが変わると理解すると分かりやすいですね。

旦那の会社の保険証のままでいたいときは、まず130万円を超えることはできません。

 

そして所得税の扶養ですが、これは配偶者控除・配偶者特別控除の対象となるかということにつながります。

 

150万円未満ですと、配偶者控除・配偶者特別控除の満額である38万円の控除を受けることができます。

ですが妻本人は、103万円を超えると所得税は支払わなければなりません。

 

130万円を超えると社会保険の扶養が外れてしまうので、130万円未満に抑えておくことが扶養内でいられる、と思っていいでしょう。

 

年間収入の上限は守れてる?パートで一番トクする金額は○○円だった!

先ほどのことを考えると、 パートで一番トクする金額は、一番は100万円未満、次に130万円未満であると言えるでしょう。

 

今までは、103万円という壁がありました。

旦那の年収が1120万円以内の場合、今までは所得税の扶養に入るためには103万円に抑えていなければなりませんでした。

 

しかし2018年にその制度は改正され、150万円未満であれば、38万円の控除を受けられるようになったのです。

 

103万円を超えてしまうと、旦那の所得税軽減である配偶者控除は満額受けられるのですが、問題は妻本人は所得税を払わなければならないということなんです。

ちなみに住民税は、100万円を超えると支払わなければならないとされていますが、自治体によって異なります。

 

詳しくはお住いの自治体にご確認ください。

ちなみに住民税はすぐに納付ではなく、翌年に支払うことになります。

 

地域によっては100万円未満に抑えておけば、何も税金を払う必要はなく、配偶者控除も受けられるので一番得です。100万円ぎりぎりまで働くのがいいですね。

 

所得税の支払いはあったとしても、130万円を超えてしまうと社会保険の手続きをしなければなりません。

結構これは、面倒だと思います。

 

ただし社会保険の扶養に関しては、以下の場合106万円を超えると勤務先の社会保険に入らなければならなくなります。

あらかじめ確認してみてください。

https://townwork.net/magazine/knowhow/taxes/62818/

 

今後改正があったり、旦那の年収が上がった時には再度確認してみてくださいね!

 

パートの収入って申告しなきゃバレない?絶対ダメ!納税は国民の義務ですよ!!

 

よくパートで働いている方で、確定申告してないけれど大して働いていないからバレないよね~、と言っている方がいます。

 

しかしそれはいけません!納税は国民の義務です。

 

ですがパートで企業で働いている方は、年末調整をしてもらっている方が多いでしょう。その場合は、130万円や150万円を超えていなければ会社が納付してくれたり、納税の必要はありません。

まずは自分がしっかりと税金を払っているのか、その対象であるのかを確認してみてください。

 

しかし手渡しでもらっていたり、在宅で働いている方などはきちんと確定申告をする必要があります。

 

まずは自分の年収を確認し、税金をきちんと支払っているのかを確認してみましょう。

もし会社などで支払いがない場合は、確定申告が必要です。

最寄りの税務署で相談してみてくださいね。

 

まとめ

 

扶養に入ると一言で言っても、いろんな扶養があります。

そして結構ややこしいシステムなので、理解していない方も多いでしょう。

 

私も今回とても勉強になりましたが、扶養に入るときには自分がどのくらい稼いでおけばいいかということを、あらかじめ想定しておくといいのではないでしょうか。

 

旦那の会社によっても扶養の考え方を定めているところもありますので、あらかじめ確認しておくと安心ですね。

 

働き方もさまざまですが、しっかりと納税をするということを忘れないようにパートをがんばっていきましょう!

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です