赤ちゃんの離乳食っていつまで?大人と同じご飯は何歳からか知ってる?

スポンサーリンク


お母さんは、赤ちゃんがいつミルクを卒業するのか、いつから離乳食が始まるのかをずいぶん気にしたのではないでしょうか。

無事、ミルクを卒業し、離乳食が始まって。

赤ちゃんの分だけ別にご飯を作るのは大変ですよね。

 

そして、次に気になるのは、いつ離乳食を卒業するのか。

周りの同じような月齢の赤ちゃんのいるお母さんに聞いたら、「もう卒業したよ」なんて話を聞いて焦ってしまったり。

 

 

離乳食を卒業する大体の目安って、いつ頃なのでしょうか。

 

 

離乳食を始める目安は、大体5~6か月くらいの頃です。

赤ちゃんのかむ力や消化能力を鍛えるためのものでもあります。

 

赤ちゃんの発育は著しいものがありますが、それでもじっくり時間をかけて見てあげる必要があります。

 

 

まず、離乳食初期は、ミルクや母乳を飲ませつつ、ポタージュ状のものをスプーンなどで飲むことに慣れさせる時期です。

慣れてきたら徐々に離乳食の回数を増やしていきましょう。

 

離乳食中期から後期は、色々なものが食べられるようになってきます。

中期にはおかゆや細かく刻んだささみなど、柔らかいものを中心に。

 

後期になると、自分でつかんで食べることもしたがるようになりますので、小さく切ったバナナとか、柔らかい肉団子を小さく丸めて作ってあげてもいいでしょう。

 

中期から後期の間は、歯茎でつぶせるくらいの硬さのものをあげるようにしましょう。

歯茎でつぶせるということは、歯が生えてきたときの咀嚼の練習になるので、積極的にさせるようにしましょう。

 

離乳食が終わるころ、大人と同じ食事ができるようになるということは、歯が生えているということが必要になりますね。

1歳くらいになると、歯が生えてきますので、そのあたりが目安になります。

最初の頃は手づかみで食べることが中心なので、小さく握ったおにぎりなど、自分で食べやすいものをあげるようにしましょう。

 

大人と同じような食事ができるようになってきているとはいえ、のども細いですし、口も小さいので、のどに詰まらせることのないように、噛みやすいもの、大きさも1㎝くらいの大きさにして、にんじんならゆでて角切りとか、スティック状とか、いろいろな形のものに慣れさせてあげるのもいいと思います。

 

 

離乳食の味付けって薄め?赤ちゃんの喜ぶ離乳食レシピ

 

 

初期の離乳食には味付けはしません。

素材の味を覚えてもらうことが大事です。

なんとなく、味に飽きてしまうのではないかと思われると思いますが、早い段階で味付けをしてしまうのはおすすめしません。

 

離乳食に味付けをしていいのは、中期以降です。

大体8か月くらいの時期です。

 

でも、使う調味料はごくごく少なくしてください。

大人が食べても調味料の味がほとんどしないくらいで大丈夫です。

 

赤ちゃんの内臓は、まだ発達途中です。

塩分を摂りすぎたりすると腎臓に負担がかかります.

 

醤油やみそなど、塩分の入った調味料は、はじめのうちは控えるようにしましょう。

 

また、離乳食でよく食べさせているであろう、そうめんやパンなどにはもともと塩分が含まれています。

食品にもともと含まれている調味料も意識して確認する必要があります。

 

 

おススメの離乳食レシピをご紹介します。

 

  • かぼちゃのそぼろ煮(離乳食中期)

https://baby-calendar.jp/recipe/5730

 

小さく切って、だし汁で煮るだけです。

出汁のまま冷凍もでき、便利です。

おかゆやそうめんと和えて食べることもできます。

 

  • 焼きスイートポテト(離乳食後期)

https://baby-calendar.jp/recipe/5604

 

手づかみ食べに最適ですね。

さつまいもはしっかりつぶしてください。

しっかりつぶした状態で焼くと、外はカリカリ、中はふわふわなので、赤ちゃんにとっては食べて楽しいのではないでしょうか。

 

 

もしかして不味い?!赤ちゃんが離乳食を戻す原因は??

 

赤ちゃんは、離乳食を食べている最中に口から出してしまうことがあります。

「もしかして不味かった?嫌いなのかな?」と気になってしまいますね。

 

 

赤ちゃんが離乳食を吐き出してしまう理由は、食感が合わないことが考えられます

 

お母さんがちゃんとすりつぶしてあげていても、例えばにんじんなら、ちゃんと柔らかくゆでられていなかったためにちょっとざらざらするとか、繊維が残っている感じがするとか、そういうことです。

 

中期にそういった様子が見られるときは、食事をもうちょっと柔らかくしてみるといいかもしれません。

歯茎でつぶして食べている状態なので、つぶせないものが口に入ることが、赤ちゃんが食べたものを口から出してしまう原因であることが多いです。

 

そのほか、お腹がいっぱいの時も吐き出すことがあります。

 

 

また、明らかに苦しそうに吐いているというような状態の時は、胃腸炎などにかかっている恐れがありますので、そういう時はすぐ病院に行きましょう。

その時は、まず、横向きに寝かせて、吐しゃ物でのどを詰まらせないように気をつけましょう。

また、吐しゃ物のにおいでまた具合が悪くなってしまうこともあるので、口の周りをきれいに拭いてあげるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの発育には個人差があります。

同じ日に生まれたとしても、まったく同じように育つことはありません。

 

焦らずに、赤ちゃんの様子を見ながら、赤ちゃんが食べやすくておいしい離乳食を作ってあげることが、この頃のお母さんの仕事です。

 

歯が生えて、大人と同じような食事でもよさそうだなと感じても、やはり内臓の機能は完全ではないので、調味をする前に赤ちゃんの分だけ取り分けて、薄味で仕上げてあげるのがいいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です