赤ちゃんが時々寄り目になる原因は?視力は問題はあるのか知っておこう

スポンサーリンク


赤ちゃんは、生まれてからすぐ目が見えるようにならないというのは有名ですよね。

 

しっかり見えるようになるまでには時間がかかり、その成長もとても楽しみですよね。見えるようになるとおもちゃへの興味が増したりして、親としても強く実感することができますよね。

 

しかし、赤ちゃんが時々寄り目をするということを心配している方はいませんか?

 

私も子供が赤ちゃんの頃、結構寄り目をしていたので心配していたことがありました。

目に何か異常があるのかな、このままで大丈夫なのかな、と思ってしまいますよね。

 

私もはじめはあまり気にしていなかったのですが、子供の写真を撮っていると寄り目で写っていることが多く、小児科の先生に相談してみたことがあります。

 

すると、「赤ちゃんはまだ一つの物体を二つの目で見る時期ではなく、寄り目になっていても心配ありません」と言われました。

 

もちろん大きくなってもずっと寄り目でしたら診てもらう必要がありますが、新生児の時期から0歳のときは、寄り目でも心配する必要はないということでした。

 

生まれてから物が目で見えるようになるまでは時間がかかります。

その中で、二つの目で一つの物を見るということを覚えていくんですね。

少し見えるようになるのは、2,3ヶ月頃だと言われています。

 

ですので月齢が小さい時の寄り目はそこまで心配せずに過ごしてみてくださいね!

 

寄り目になって固まる原因はコレ!赤ちゃんの発育途上?

そうは言われても、結構赤ちゃんの寄り目の頻度って多いんですよね。

うちの子もありましたが、白目向いてることもよくあるんですよね。最初はびっくりしましたが、写真に収めてあとで見返してみると、すごくおもしろかったりします!

 

ですがあまりに頻繁にあると、本当に大丈夫なのか心配になりますよね。

たまに、寄り目になったまま固まってしまうこともあるんです。

 

実は赤ちゃんが寄り目になる理由は、先ほどのまだ両目で一つのものを見ることができない、ということ以外にもあるんです。

 

それが、「仮性内斜視」というものです。

 

これは病気などではなく、赤ちゃんの顔のパーツがまだ成長途中のために、一見斜視のように見える状態のことを言います。

 

赤ちゃんはまだ鼻が低いですよね。よって目頭当たりの皮膚が余ってしまい、目の中の白目が覆われてしまうんです。

そうなると、黒目が内側に寄ってしまって寄り目のように見えてしまうということなんです。

 

この仮性内斜視は、ママが確認することができるんですよ!

赤ちゃんの鼻のつけねを少しつまんでみましょう。つまんだときに、目の内側の白目が見えれば仮性内斜視の可能性があるんです。

 

これは大きくなれば自然とおさまっていくので、治療をしなければならないということはありませんが、心配であれば小児科医、眼科医に診てもらってもいいかもしれませんね。

 

赤ちゃんが大きくなっていけば、徐々に気にならなくなりますので安心しましょう!

 

寄り目や硬直は赤ちゃんにはよくあること?痙攣もあればすぐ病院へ!

 

寄り目に関しては、赤ちゃんの時期にはよくあることですのであまり心配はいりません。

ですが、硬直や痙攣となれば話は別です。

 

私の子供も熱性痙攣を起こしたことがあるのですが、そのときも寄り目になったところから始まりました。

 

このときは高熱が出ていますので、ママも赤ちゃんの様子は気にしていると思います。

しかし、特に熱もないのに痙攣をおこしてしまう、無熱性痙攣というものもあります。

 

これはいきなり起こりますので、まずはこうした痙攣があるということを知っておきましょう。

 

痙攣をおこすと、親もパニックになってしまいますよね。

ですが冷静に行動しましょう。

まずは、その様子を動画に撮ることです。そうすることで、その様子を救急隊員や医師に確認してもらうことができます。

 

その後、おさまったら病院の空いている時間であれば病院へ、休日や夜中の場合は救急車を呼びましょう。

 

痙攣中は目が寄り目になったり、白目になります。

これが痙攣であるかどうかはすぐにわかりますので、落ち着いて行動しましょうね。

 

硬直している場合も同じです。

どちらにしてもすぐに病院に行くか、救急車を呼ぶようにしましょう。

 

まとめ

 

赤ちゃんのこととなると、すごく心配になりますよね。

寄り目や仮性内斜視の場合は心配することはありませんが、大きくなるにつれても治らない場合は、一度小児科、もしくは眼科医に診てもらってくださいね。

 

痙攣の場合も、熱のない状態で起こる無熱性痙攣も存在します。

誰でもいつ痙攣をおこすか分からないということです。

 

いざということは冷静になるのは難しいかもしれませんが、すぐに動画を撮影しすぐに病院に行きましょう。

動画があると、そのときの様子を見てもらえるのでとても大切です。

 

そのほか、赤ちゃんのことで心配なことがあれば、医師に相談してみてくださいね!

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です