漫画はテンプレートを使えば誰でも描ける?!ネーム作りのコツはこれ

スポンサーリンク


漫画が好きな方が、漫画を自分も描いてみたい!と思うことってありますよね。

私も小学生の頃好きな漫画があって、自分もこのように描いてみたいな~と思ってチャレンジしたことがあります。

 

ですが素人だと、何からしていいかわからなくなりますよね。

絵を描くことができたとしても、漫画として成り立たせるためにはきちんとしたストーリーやネームも必要になってきます。

 

実は漫画を描くとき、テンプレートが役立つことはご存知でしょうか。

要するに下書き用の用紙です。

 

これがあると外枠も決まっていますし、トンボというもし印刷所が印刷する時の大事な目安がついていたり、ノンブルガイドというページ数の表示位置の目安となる枠も最初から書かれています。

 

実は、実際にプロの漫画家さんがイラスト絵を描く原稿用紙のサイズは、B4サイズということはご存知でしょうか。

 

このテンプレートを使うことで、もし印刷することになったときにとても役立つので、漫画を描き始めたい!という方はぜひテンプレートを用意してみてくださいね。

 

ではそこから、ネーム作りへと広がっていきます。

そのコツや使うものについて、まとめてみました!

 

初心者にもカンタン!漫画のネームの作り方はコレを使おう!

 

そもそもネームって何?と思う方もいるかもしれません。

ネームとは、漫画を簡単な絵ではじめから終わりまでざーっと描いたもののことです。

 

プロの漫画家は、最初から本番用の絵を描いているのではなく、ネームを描いてから徐々に構成を決めていっているのです。

 

ネームを描く時点で、コマ割りやセリフなどを決めていくことになります。

 

漫画を作っていくのは、ネーム→下書き→ペン入れという流れで行います。ペン入れは清書ですね。

最初の段階ではありますが、ネームはものすごく大切です。

 

ネームを作るときに準備するものは、ネーム用のノートです。

漫画用原稿用紙と同じ目盛り線が印刷されたノートで、サムネイルノートともいわれています。

 

これは本格的に漫画を描いていくには必ず必要ですが、まず描いてみたいという方でしたら準備しなくても、白紙を使っても構いません。

 

コツをつかめば大丈夫!漫画のネームを描いてみよう!

では実際にネームを描いていきましょう!

 

まず最初に、漫画のある程度のストーリーを考えます。

もし本格的に描いていくのではなくお試しで描きたい場合は、好きな漫画のある程度のストーリーを描いてみてもいいかもしれませんね。

 

ある程度のストーリーができたら、ネームを描き始めます。

ネームは何度も何度も描きなおして作り上げていくものですので、まずは自分が分かるようにささーっと描いていくのがおすすめです。」

 

そこで、ミニネームというものを作る方もいます。

1枚の紙を小さく分割してネームの縮小版を描いていきます。

 

ミニネームですとスペースが小さいので詳しい構図、そしてキャラクターの表情などは詳しく描いていくことはできません。

ですので修正も簡単なので、おすすめです。

 

そして、ネームを描こうと思うと、最初から徐々に描いていってラストまで、順番に描こうと思うかもしれません。

しかしその必要はありません。クライマックスから描いてもいいですし、途中から描いてもいいのです。

 

徐々にストーリーを作っていき、間の部分や一番迷いやすい導入部分は、ほかの部分を作りながら埋めていけばいいと思います。

 

そしてとても大切なのが、絵を描かないことです。

最初から絵をきちんとかいたりしてしまうと、ネーム作りに何時間もかかってしまい全く先に進まなくなることが多いのです。

 

最初はストーリーやセリフ、構成を考えて絵は棒人間でもいいと思います。

それで徐々に構成をしていく中で、絵も付け加えていけばいいのです。

 

これを見てみると、ネームを作るのってめちゃくちゃ大変そう・・・と思いますよね。

私も思いました。初心者でここまでできるのかな、と不安になります。

 

しかしプロの漫画家も最初のネーム作りは苦労していますし、皆さんここを通って徐々にコツをつかんでいます。

 

少し慣れてきて、やっぱりネーム作りは苦手!という方は、実は外注するという方法もあります。

ネームの代行ですね。

しかし費用もかかりますので、どうしてもできないときは相談してみてくださいね。

 

まとめ

 

漫画を描くことって、見ていると分からないかもしれませんがとても大変なことですね。

 

すごく長い時間を経て、作り上げられています。

それを知るためにも、漫画を描いてみたい、という方は挑戦してみるのもおすすめです!

 

そのときに大切なのが、ネームです。

頭にあるストーリーを紙に描いて整理して、そこから徐々に構成してセリフを作っていく、という漫画の根幹の部分です。

 

コツを掴んでしまえばできるようになりますし、自分なりのやり方も徐々につかんでいけると言われています。

 

ぜひネームの描き方について参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です