お金って円以下があるの?銭より小さい単位は?あなたは知ってる?

スポンサーリンク


私たちが日々使っているお金は、円という単位ですね。

 

1円から1万円札までさまざまな種類がありますが、単位はすべて円です。

 

ですが昔のお金は、円より小さい単位として銭があります。

これは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

実際に銭のお金を使ったことがないので、私も1円は何銭なのかとかはよくわかっていません・・・。

 

そこで、お金の円以下の単位について、銭より下の単位や、日本以外の国ではどういった単位のお金が使われているのかについて、調べてみました!

 

銭の下のお金の単位は?現在でも使われるの?

円と銭という単位は、昔から日本で使われていたんだな~という印象はありますよね。

現在は円だけでになってしまいましたが、おばあちゃんの家に行くと昔使われていた銭のお札を見たりすることはありませんか?

 

ですが実は、銭の下にも単位があり、昔は使われていたようなんです!

 

まず、

1円=100銭 です。

 

そして銭の下に、「厘」、「毛」という単位がありました。

 

1銭=10厘

1厘=10毛

 

ということになります。

 

ですので、

1円=1000厘

1円=10000毛

 

ということになりますね。

 

全く想像がつきませんが、1円以下にもこれだけの単位があるということがわかりました。

 

銭は、古代から江戸時代までは銭貨1枚の価値とされていました。

1871年に新貨条例が作られ、円、銭、厘が新通貨として導入されます。

今でも銭は、株価や為替レートでも使われていますよね!ですので聞き慣れた単位ともいえます。

 

厘についてですが、明治時代の1871年に円、銭とともに通貨単位として作られました。

明治6年に1厘銅貨、大正5年に5厘青銅貨がありました。

 

毛は単位としては存在していましたが、明治時代でもそこまで流通はしておらず、メインは円、銭、厘だったようです。

 

しかし戦後の昭和28年、1953年に「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」が成立したことにより、1円未満の少額単位、銭、厘、毛については通用禁止となりました。

 

1953年って結構最近ですよね!

今のお年寄りは、普通に銭や厘を使用していたんですね。

 

ですが私たちは今円しか使っていませんが、株や為替のときには銭を使っています。

これは、外国では円より下の単位が使われているからなんですよね。

 

確かに海外に行くと、1円以下で計算しないとわからなくなることありますよね!

では海外の単位も知っておきましょう!

 

お金の単位を英語で書くには?各国単位を学ぼう

 

国によってお金の単位はさまざまですよね!

円を使っているところは日本だけなので、海外旅行に行くときにいつも苦戦します・・・。

 

日本の円は、yenと表記されますね。

有名なのはアメリカのドルです。

 

1ドルはだいたい100円前後で、これは日々変動します。

さらにドルの下の単位としてセントがありますね。

1ドルは100セントですので、これも覚えておきたいですね!

 

ドルとセントがあると、結局これはいくらなの!?と

計算がややこしくなりがちです。

私はドルの国に行くと、セントは無視してドルだけでいくらかを計算しないと

頭がこんがらがってしまいます・・・。

 

ヨーロッパでは、ユーロが使われています。

ユーロは単位がこれだけなので、日本と同じですね。

 

1ユーロがだいたい120円前後とされています。

ヨーロッパでユーロを使っている国に行くと、比較的計算が楽ですね。

 

お隣の韓国も、ウォンのみ使われています。

100円がだいたい1217ウォンとされていて、1円が12ウォンと考えて

計算ができます。

 

中国は、元が使われていますが、元の下の単位として角があります。

1元は10角です。

1円は約0.06元です。

 

それぞれの国の通貨を見てみると、それぞれの単位があって、日本円に計算するときにどう計算すればいいのか、逆に1〇〇(それぞれの通貨)は何円なのかを計算するのは、結構大変なことですね。

 

もし旅行に行ったり、為替などで必要な時は通貨変換のサイトを使うととっても便利です。

私も海外旅行のときには欠かせません!

 

ですがこれだけいろんな単位を見てみて、日本はほとんど円しか使わないので普段の生活はとても楽ですよね。

 

まとめ

 

今まで知らなかった日本の円より下の単位、そして各国の単位についても調べてみました!

 

円より下の単位は、普段使うことがないですし今のところ知らなくても大丈夫そうですが、歴史として知っておくといいですね。

また銭については為替で使っていくこともあるかもしれませんので、

 

1円=100銭

 

ということは知っておきましょう。

 

また海外の単位も、それぞれの国によってさまざまな単位があります。

 

普段は知らなくてもいいですが、為替や旅行のときには知っておきたいですよね。

計算がよくわからなくなったら、為替変換で円を基準に考えてみてくださいね!

 

世界の通貨、まだまだ知らないことがたくさんありそうです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です