赤ちゃんがシャンプーすると泣く!困ってる人はこれを試してみて

スポンサーリンク


赤ちゃんと毎日お風呂に入っていて、いつもシャンプーのときに泣いてしまって困っている方も多いのではないでしょうか。

 

わが子も0歳のときはお風呂が嫌いな子で、いつも嫌がっていたのを思い出します・・・。

特にシャンプーが嫌いで、かなり嫌がっていました。

 

ですが髪の毛も多い子だったのでシャンプーをしないわけにもいかず、いつも苦戦していました。

 

ただでさえ慌ただしいお風呂なのに、それに加えてぎゃんぎゃん泣かれてしまうとこちらも困ってしまいますよね。

それに毎日のことなので、毎日のお風呂が憂鬱になってしまうのも悲しいですよね。

 

そこで、いつもシャンプーで泣いてしまう赤ちゃんに、上手にシャンプーをする方法、そしてどんなシャンプーを使えばいいの?という疑問にもお答えします!

 

赤ちゃん用のシャンプーはいつまで使うの?普通のシャンプーでOK?

 

まず使うシャンプーについてご説明しますね。

 

よく赤ちゃん専用のシャンプーが売られていますよね!

これっていつまで使えばいいの?と思う方も多いと思います。

私も実際、赤ちゃん用のシャンプーから大人用のに切り替える前は、周りのママ友に聞いたりネットで調べたりしました!

 

結論として、私は1歳半で赤ちゃん用→大人用のものに切り替えました!

 

わが子は髪の毛がとても多く、1歳半ではすでにかなり長くなっていたので、大人用のものでケアするようにしました。

 

ですが、その子によっては大人用を使うと髪がキシキシになってしまった・・・という声もありますので、様子を見て使い始めるようにしてくださいね。

 

逆に、いつまでも赤ちゃん用を使っていてキシキシになってしまい、大人用に変えたらサラサラになったという方もいますので、様子を見て変えていくようにしましょう。

 

大人用のシャンプーを使うのにはメリットがあります。

まず、わざわざ子供用のシャンプーを買わなくていいことです。

 

意外と子供用って高いんですよね。量が少な目なのに高いので、頻繁に買い足さなければいけないのは意外と大変でした。

 

そしてボトル1本分の場所が必要になります。

大人と一緒にしてしまえば、その部分の場所が空いて掃除もしやすくなります。

ですので私は1歳半ごろに、様子を見てもう大人用に切り替えました!

 

 

嫌がる赤ちゃんを上手にシャンプーする方法!上向きor下向き比較

ではここで、シャンプーを嫌がる赤ちゃんを泣かせないでシャンプーする方法を検討してみましょう!

 

なぜ赤ちゃんはシャンプーを嫌がってしまうのでしょうか。

まずシャンプーが一度目に入って、それがトラウマになっているということがあります。

 

また、目をつぶることに抵抗感があったり、体勢が苦しいということもありますね。

それは赤ちゃんそれぞれだと思いますので、何が嫌なのかというのを見極めてみてくださいね。

 

ちなみにわが子は、シャワーが大嫌いで髪を流すのを嫌がったので、お湯を桶にとってそれで流していました。

もちろん顔にお湯がかかったら大泣きでしたので、かからないように細心の注意を払っていました・・・。

 

そして体勢が苦しかったのも原因でした。

体勢は結構重要ですのでご説明しますね。

 

メジャーな体勢は、ママの膝の上に赤ちゃんを寝かせて、上を向いたままシャンプーして髪を流す方法です。

ママの顔が見えて顔に水もかかりにくいですので、オススメの体勢です。

 

逆に下向きでシャンプーをする方法もあります。

下を向いてタオルで顔をおさえて、上から髪を流していました。

わが子はこれは全くダメでしたが、顔にタオルがある安心感でこれが好きな子もたくさんいますよ!

 

そして、ママの胸にもたれかかるように上を向いて、髪をシャンプーする方法もありますね。

これはママと密着できるので、安心する子も多いと思います。

 

シャンプーでどうしても泣いてしまうようなら、一度体勢を変えてみるというのもいい方法です。

 

そして、手早くシャンプーを終わらせるというのも大切です。

ささっと髪を洗って流して、早めに終わらせてあげることで赤ちゃんも安心できますよね。

 

私も子供が赤ちゃんの頃のお風呂は、スピード勝負でした。

いかに早く終わらせて、湯冷めしないように早く着替えさせる・・・大変でしたが徐々に慣れていくので大丈夫ですよ!

 

まとめ

 

赤ちゃんがシャンプーで泣いてしまう場合、シャワーをしない、または体勢を変えてみることがおすすめです。

 

ですがわが子は結局、顔に水がかかるのが嫌なことが一番の原因でした。

1歳を過ぎて徐々に水に慣れてくるようになると、シャンプーを嫌がることも減ってきましたよ。

 

そして1歳くらいになってくると、お風呂におもちゃがあることで気が紛れていました。

お風呂のおもちゃで遊びつつ、ささっと洗ってしまうようにすれば、泣くことも減ってくるのではないでしょうか

 

ぜひ、お子さんに合ったお風呂の楽しみ方を見つけてあげてくださいね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です