反抗期の娘にどうやって対応すればいい?意外と知られていない対策法

スポンサーリンク


反抗期・・・思春期が近づくようになると反抗期になる子は多いですね。

特に女の子の場合は、ママと同性ということもあって、ママの悩みの種になる場合が多いです。

 

反抗期といってもその反抗の仕方にはさまざまあります。

・無視する

・何を言っても言い返してくる

・部屋に閉じこもる

・父親の存在がいやになる

 

これだけではありませんが、いろんな反抗期の形があります。

 

我が家はまだ小さいので反抗期はありませんが、これから反抗期を迎えると思うと少し怖いです・・・。

私自身、しっかりと反抗期を経験しているので、こんな風になったら嫌だな~とも思ってしまいます。

 

ではそんな反抗期を迎えた娘を持つママは、これからどうやって対応していくのがいいのでしょうか。

 

もう疲れた・・・反抗期の娘をもつお母さんが子離れした方がいい理由。

反抗期の子供を持つと、全然言うことを聞いてくれなくて、親としての自信をなくしている・・・という方もいるのではないでしょうか。

 

ですが、ほとんどの子供が通る道ですし、これを機に親子の関係性をぐっと縮めることができるので、向き合い方はとても大切だと感じます。

 

反抗期の娘への対応として大切なのが、

 

「一人の女性として扱う」

「ある程度子離れをする」

 

この二つだと思います。

 

まず一人の女性として扱う、という点ですが、思春期の子供は、子供から徐々に大人になろうとしている大切な時期です。

いつまでも子供扱いされたくない!自分でできる!という気持ちが強くなり、親へ反抗してしまうことがあります。

 

私も中学生のときは、そう思っていたことを今でも覚えています。

いつまでも子供扱いしないで・・・そういう気持ちが、反抗となって表れているんだと思います。

 

ですが親としては、今までこうしてあげていたのに、まだ〇〇歳なのに・・・と子供の成長を少し寂しく感じてしまいます。

 

今までこうしてあげていたのに、なんで急に反抗するの?と戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

そうしたお互いの気持ちのずれが、反抗期のコミュニケーションの難しさになっていくんですね。

 

ですので徐々に反抗期かな?と思うようになったら、親のほうからそういう時期がきたんだというのを受け入れていくようにしましょう。

 

そして少しずつ、子離れを始める時期でもあります。

 

思春期の反抗期には自我が大きく成長していく時期です。周りからどのように見られているかということを、女の子は特に気にします。

私もそうでした・・・。親と一緒にいるところを見られたくなかったりすることもありました。

 

ですので親の方から、寂しいですが少しずつ子離れをして、娘がどうしていきたいのかということを見守る形で接していくといいと思います。

 

親と子のちょうどいい距離感を模索する時期ですので、突き放すのではなく徐々に子離れしていって、様子を見ることも大切だといえるでしょう。

 

いつまで続く?安心してください娘の反抗期は永遠ではありません

 

不安になるのは、この反抗期いつまで続くの!?ということですよね。

私も子供のイヤイヤ期、いつまで続くのかとても心配になりました。

しかし、気づけば終わっていました。

 

そう、この反抗期も、ずっと続くということはありません!!

 

もちろんいつ終わる、と明確な時期が決まっているわけではありません。

始まりもその子によっていつ始まるかは変わってきます。

逆に反抗期がないという子もいるくらいです。

 

いつ終わるかはわかりませんが、すぐ終わることもないと思っていてください。

そろそろ始まったな~と思ったら、いつ終わるのかはとても気になりますよね。

ママの悩みも尽きないかもしれません。

 

ですが、いつか終わる!その日のために、少しずつ子供との接し方を考えていく時期だといえるでしょう。

 

難しいのは、正解がないということです。

反抗期がはじまった!ならこうしよう!!という模範解答もありません。

 

イヤイヤ期の時期は、なんとかごまかすことができますし、一番は子供の記憶に残らないということです。

 

反抗期の時期の記憶は、私のように大人になっても残っていることが多いです。

ですので、そこでの関係性がうまくいかないと、大人になってからの関係にも響いてくる可能性があります。

 

ですので、慎重に、かつ真剣に向き合う姿勢を見せるというのも大切ですね。

 

まとめ

 

私は反抗期のとき、親にはある程度放任してもらっていたおかげですぐ終わったように思います。

 

やはり、干渉されたくない!という気持ちが強かったんだと思います。

 

子供もこれから大人になり、一人でいろんなことができるようになっていきます。

それを見つめつつ、何かあったときは全力でサポートしてあげる、そのくらいの気持ちで接してもいいのではないでしょうか。

 

反抗期の時期に反抗がなかったからといって、大人になってから始まるパターンもあります。

その子その子によって異なる大切な時期ですので、親としてしっかりと対応してあげるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です