雪を食べると危険な理由!知らないと怖い雪を食べると害がある理由!

スポンサーリンク


雪って食べられるのかな~と思ったことがある方、多いのではないでしょうか。

私は雪がたくさん降る地域に住んでいたこともあって、雪を食べている子供たちをたくさん見かけていました。

確かに子供から見ると、かき氷のようにも見えますし、食べたくなる気持ちも分かりますよね。

 

ですが大人になると、雪はいろんなものが入っているから食べてはいけない・・・ということも耳にしました。

いったい雪って食べられるの!?って思います。

 

そこで、雪って食べても大丈夫なのか、雪を食べることによってどういった危険性があるの!?ということを調べてみたいと思います!

 

 

遭難しても食べないで!!雪を食べると脱水症状になるのはなぜ?

まず雪を食べても大丈夫なのかについて調べました。

そもそも雪は、大気中の冷たい水の分子が、大気中のちりやほこり、花粉などの小さな粒子に付着して、それが結晶化したものです。

 

これを見ると、ちりやほこり、花粉・・・

ということは、雪は空気中のゴミでできているんです。

 

よって、雪を食べることはおすすめできません。

ただ私たちは生活しているうえで、少なからずゴミが体内に入ることはありますよね。

空気にもゴミが含まれているかもしれませんので、呼吸をするだけで自然と体内にゴミを溜めているかもしれません。

 

ですがそうした自然現象以外で、あえてゴミを口に含むというのは避けたいですね!

 

しかし降ってくる雪は、空気中のゴミが含まれていますが、積もっている雪はもっと危険です。

 

一見きれいに見えても誰かが踏んだあとかもしれませんし、土や虫が付着している可能性もあります。

 

積もった雪にはどんなゴミや物質が付着しているか分かりませんので、絶対に食べないようにしましょう。

 

ただし、もし遭難してしまったとき、雪くらいしか周りにないこともあるかもしれません。

雪には水分が含まれているから、脱水を防ぐために雪を食べれば大丈夫!というイメージがありませんか?

 

しかしそれは大間違いなんです。

 

雪を食べることによって、急激に体温が下がります。

下痢や脱水症状になりやすく、体力までも奪ってしまうのです。

 

よって、水分補給のために雪を食べる、ということは絶対にしないでくださいね。

一番大切なのは、むやみに動かないこと、それで体温を確保することです。

 

遭難してしまったときはどうすればいいかわからなくて、対応に困ると思います。

そこでも絶対に雪を食べる、ということはしないでくださいね!

 

死亡例も?雪を食べる危険性はアレが発生するから!

そして雪を食べることによる危険性として、別の理由もあるんです。

 

それが、環境汚染物質です。

雪が降ってくる間に、どんな環境汚染物質に触れているか分かりません。

これは目に見えないので、私たちでは確認できません。

 

環境汚染物質といえば、「排気ガス」、「PM2.5」などがあります。

どれも今世界中で考えなければならない環境汚染の原因です。

 

中国など外国の大気汚染も日本に流れてきている可能性もありますので、

雪には何が付着しているか分かりません。

 

実際雪を食べたことによって、腹痛を起こして緊急搬送されたケースもあります。

絶対に食べないようにしましょうね。

 

また私が小さい頃は、雪には酸性雨が含まれているから食べてはいけない!と言われたことがあります。

当時は意味が分かっておりませんでしたが、どういう意味なのでしょうか。

 

まず酸性雨とは、強い酸性をしめす雨のことで、酸性雪というものもあります。

これには、石炭や石油などの化石燃料を燃やしたときに出る硫黄酸化物が含まれています。

 

工場地帯や車の排気ガスが溶け込んでいるということになりますので、

森林が枯れたり魚が死んでしまう原因になります。

 

そしてこうしたものを体内に摂取し続けると、ガンが発生する可能性もあると言われているんです!

確実に私たちの体にはよくないものですよね。

 

雪にはこうした酸性雪が降る可能性もありますので、やはり食べないことは徹底しないといけなさそうです。

 

まとめ

 

以上、雪を食べることについての危険性についてまとめてみました。

 

・雪はちりやほこりが元になってできている

・遭難したときも絶対に雪は食べてはいけない

・環境汚染物質や、酸性雪の可能性もある

 

ということが分かりました。

つまり結論は、「雪は何があっても食べてはいけない」

ということですね。

 

おそらくこの理由を知ってまで、食べたいという方はいないと思います。

問題は子供ですよね。子供にこれを伝えても、かつての私のように意味がわからない子がほとんどだと思います。

 

それに、降る雪は幻想的ですし私たちを癒してくれるものでもあります。

 

雪は見るものや遊ぶものであって、決して食べるものではない、ということは強く子供に伝えていかなければいけませんね。

道端で雪を食べている子供がいたら、注意してあげてもいいかもしれません。

そのくらい、危険だということを知っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です