庭にわかめ?あいつの正体は海藻ではなくそれは陸棲藍藻だった

スポンサーリンク


よく、庭にわかめのようなものがあるのを見かけませんか?

私も戸建てで庭のある家に住んでいた時に、頻繁に見ていました!

 

そのときは何なんだろうと思いつつ調べたりしていませんでしたが、

ふと目にすると気になりますよね!

 

わかめのようなものなので、海藻?食べられるの?と思うと思います。

 

実はこの庭のわかめの正体は、「イシクラゲ」です。

これは、陸生藻類といってキノコの様に菌が集まってできた生物なんです!

 

菌と聞くと、体に悪いの!?と思いますよね。

そこで、イシクラゲの正体について詳しく調べてみました!

 

庭に大量発生したイシクラゲ。人体への害はある?

イシクラゲをよく見かけるのは、雨が降った翌日ということはありませんか?

見た目はわかめ、キクラゲのようなブヨブヨの物体ですよね。

 

実はイシクラゲは晴天が続く日はカサカサに乾燥しているので、

あまり目立たないんです。

 

雨が降った後は水を吸って大きく膨らむため、目立ってその存在に気づくことが多いんです。

 

イシクラゲは乾燥すると死ぬ、ということはありません。

水分と光があれば光合成をしますので、生きています。

とても生命力が強いんです。

 

このイシクラゲ、菌の集まりということでなんとなく体に悪そうなイメージがありますよね・・・。

 

ですが、特に人体に害はありません!安心してくださいね。

イシクラゲは、ネンジュモ属に属する陸棲藍藻の一種、つまり藻です。

藻は、光合成細菌が集まっていますので、害のあるものではありません!

 

害はないといっても、なんとなく庭にあるのが嫌だ・・・という方もいると思います。

そんな方に、駆除法もご紹介します。

 

駆除と聞くと除草剤をイメージしますが、残念ながら一般的な除草剤は効果がありません・・・。

逆に除草剤を使ったらイシクラゲが大量発生した!というケースもあります。

 

一番効果があるとされているのが、コケ用に食品添加物だけで作られている駆除剤です。

除草剤ではなく、駆除剤です。

 

そこまで値段も高くなく、臭いも気にならずに駆除することができるそうです。

 

庭にたくさんあると気になりますよね。踏むとぐにゃっとして、靴が汚れそうで嫌な思いをしたのをよく覚えています。

もし気になる方は、駆除してみてくださいね。

 

びっくり!食べられる?イシクラゲを食べる方法

 

実はこのイシクラゲ、酢の物などにアレンジして食用として料理している地域もあるそうです!!

 

確かに人体に害はないということが分かりましたが、まさか食べられるとは驚きです。

 

しかしよく見てみると、見た目はわかめみたいなかんじなので、食べてもおいしそうな感じはしますよね!

 

調べてみると、古くは食用として広く食べられてきたそうです。

今は食べる地域はかなり少なくなっているそうですが、一部の地域ではまだ食べているみたいです。

 

自宅にあるイシクラゲを食べてみた!という例もありますのでご紹介しますね。

 

まずイシクラゲを適当に採取します。

枯れ草や砂が混入しているので、何度も水洗いして除去しましょう。

 

そして加熱殺菌のために、熱湯で2分弱加熱します。

その後取り出して、水で冷やし水切りします。

 

これで下処理は完了です。

 

そしてこのイシクラゲをいろいろアレンジできます。

 

しっかり水切りしたイシクラゲにポン酢をかけて食べるだけでもおいしいそうです。

醤油や酢とあえて食べてみてもいいですね。

 

ちなみに味はほとんどないそうで、海藻のような食感がするそうです!

 

他にも天ぷらにアレンジすることもできます。

しっかりと水切りしたイシクラゲに、てんぷら粉をつけて揚げるだけです。

お好みで天つゆや大根おろしと一緒に食べてみましょう。

これはおいしそうですね~!!

 

そしてスープやお味噌汁に入れるという方法もあります。

できあがりの最後のほうに、下処理をしたイシクラゲを入れるだけですので簡単ですね。

わかめの代わりとしても使えるかもしれません!

 

このように、調べてみるとイシクラゲはいろんなアレンジで食べられることが分かりました!

味がないということですので、むしろ何に入れても食べられるのではないでしょうか。

 

ちなみに食感は海藻のようなかんじという方もいれば、

キクラゲに近いという方もいました。

食感だけでもアクセントになって、いろんな料理に使えそうですよね!

 

まとめ

 

以上、庭のわかめと言われている「イシクラゲ」について調べてみました。

 

存在が分からないと、気持ち悪いな・・・と思う方もいるかもしれません。

しかし調べてみると、食べることもできると知って、たくさん生えていて困っている方はぜひ食用としてアレンジしてみたらいいのではないかと思いました。

 

このイシクラゲ、中国では漢方薬として使っているところもあるそうで、意外と高価なものみたいです。

 

そんなイシクラゲが自宅にあるとなると、手軽に食べることもできるしお得ですね。

 

ぜひ庭にたくさんあって困る!という方は、駆除する前に食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です