粘着綿棒って子供にも使って大丈夫?かぶれるのは粘着綿棒のせいなの!?

スポンサーリンク


子供って、耳掃除を嫌がる子が多いですよね!!

我が家の子供も耳掃除が嫌いで、なかなかさせてくれません・・・。

やっとさせてもらえたかと思っても、逃げようとしたりすぐ終わりにして!というので本当にきれいになっているのかが分からず、不安です。

 

そのときに調べてみたのですが、粘着綿棒というものがあることを知りました!

大人用もありますが、もちろん赤ちゃん用も発売されているので、子供に使っても問題ありません!

 

1本で、粘着部分と仕上げ部分がついているので、より耳掃除がしやすくなっています。

 

粘着部分も、かなり汚れがとれやすいように粘着するので短時間でもたくさん汚れがとれそうな気がしました!

肌の弱いお子さんがいると、かぶれも気になりますよね。

調べてみましたが、特に粘着綿棒を使うとかぶれる!という使用結果も見当たりませんでした。安心ですよね。

 

そこで粘着綿棒について、そして実際に使ってみての感想や効果について調べてみました!

 

粘着綿棒は作れる!自作方法教えます!

粘着綿棒は市販されていて、50本くらいが個包装になって販売されていることが多いです。

 

私は結構耳垢が気になって毎日耳掃除をしているのですが、家族みんなで使うとなるとすぐになくなってしまいそうですよね。

 

そんなときに、 粘着綿棒は作れるの!?自作方法が知りたい!

という方も多いのではないでしょうか。

 

粘着綿棒は、実は意外と簡単に作れるのです。

 

用意するのは、通常の綿棒とオイルです。

オイルは、ベビーオイルやサラダ油などがありますが、それらはお肌の負担になることもあります。

 

ですので、使うのはオーガニックオイルがおすすめです。

 

オーガニックオイルを綿棒に少ししみこませて、耳掃除をします。

オイルをつけることで粘着効果も少し出ますので、汚れがとれやすくなります。

 

ただしオイルをつけすぎると耳の中に溜まってしまうことがありますので、

少量をつけるようにしましょう。

 

そもそも粘着綿棒は、耳垢をしっかりと掻き出したり、自分で綿棒を動かして気持ちよさを感じながら耳掃除をする、ということはできません。

 

粘着綿棒は耳の中に入れて少し動かすだけで、汚れをくっつけて取り出すものです。

入れるだけでも汚れを取ることができるのがとても便利です。

 

よって粘着綿棒を使うのに適している方は、耳掃除が面倒でなるべく早く終わらせたい、掻き出さずに汚れをとりたい、そして耳掃除が苦手なお子さんなどです。

 

耳かきついでに耳掃除をしたい方や、汚れを掻き出したいという方は通常の綿棒を使って掃除しましょう。

 

効果はある?粘着綿棒を使った結果

では実際に粘着綿棒を使ってみた結果、どんな効果があるのでしょうか!?

 

私も粘着綿棒の存在を知ってから、自宅に粘着綿棒と通常の綿棒を常備しています。

その日によって使い分けているのですが、個人的には粘着綿棒はかなり汚れが取れると思います。

 

通常の綿棒は力加減に注意して、耳を傷めないように耳をこすらないといけませんよね。

そうするとどうしても奥の方まで取れないことが多いです。

 

そんなときに粘着綿棒を使うと、少し入れただけでかなり汚れがつきます。

強く耳の中に押し当てたり力を入れることができないので、そこは注意が必要ですが、

優しく耳の中に入れただけで効果を感じられると思います。

 

そのあと、取り切れなかった汚れを反対側の通常の綿棒を使って取ることもできますので、どちらも使うことができるのも魅力的ですよ。

 

そしてなんといっても子供です。

 

耳掃除は今でも嫌がることが多いですが、粘着綿棒にするとすぐに終わるということが分かるので、前よりやらせてもらうことが増えました!

 

粘着綿棒を耳の中に入れて、そのあと通常の綿棒で少しこするだけですぐに終わるので、今までほど時間をかけることもありません。

 

種類もたくさんの粘着綿棒が売られています。

より取りやすいものや、赤ちゃんにとって使いやすいものを選ぶといいですね。

 

耳掃除に関してはいろんな意見があります。

しなくてもいいという意見もあれば、したほうがいいという意見もあります。

 

耳掃除は、週に1,2回程度はしたほうがいいそうです。

全くしないとどんどん汚れが溜まってしまいます。もちろん定期的に耳鼻科に行って掃除をしてもらっている方はいいですが、そうではない方は自宅での掃除が必須です。

 

ただし私のように毎日はしないほうがいいみたいです・・・。

しすぎも耳の負担になるようなので、気をつけたいと思います!

 

まとめ

 

粘着綿棒の自作の仕方や効果について調べてみました!

気になる方は、一度使ってみてほしいと思います。私はとても便利で、大人用も子供用も常にストックしてありますよ。

 

粘着綿棒がなくても、オイルを使って自作で作ることもできるので、一度掃除をしてみてくださいね。今までとは違ってごっそりとれるのが分かると思います。ぜひ効果を実感してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です