つまようじの溝には理由があった?日本ならでは○○までの気配り!

スポンサーリンク


爪楊枝といえば日本の食卓には欠かせないものですよね!

私も毎日食後に使っていて、ないと困るものの一つといえます。

 

そんな爪楊枝をよーく見てみると、持ち手のところに溝がありますよね。

これはいったいなんの意味があるのでしょうか。

 

今まで特に意味を考えたことはありませんでしたし、溝があってもなくても

あまり気にならないかもしれません・・・。

 

しかし、一度気になるとどうして!?と思うことはありませんか?

もしかしたら重要な意味が込められているかも・・・

 

そんな爪楊枝の溝が気になる方に、この溝の理由について調べてみました!

 

爪楊枝の溝はこけしが元になってるってホント?!

爪楊枝の溝について調べてみると、大きく分けて2つの説がありました。

まず1つ目の説についてご紹介します。

 

1つ目の説は、こけしが元になっているのではないか!と言われています。

こけし!?と思いますよね。

こけしは、日本に昔からある伝統工芸品で、インテリアとして飾っている方も多いですよね。

 

そのこけしが元になっているとは驚きです。

 

爪楊枝の溝を、こけしを元にして作られているというのですが、

なぜこけしなのかということについては、正確には証明されていません。

しかし一説として、このような理由ではないかと言われていることがあります。

 

それは、製造過程でどうしても先端が黒くなってしまうのをごまかすために、溝をつけてこけしに見立てているという説です。

 

この先端が黒くなってしまう原因は、爪楊枝は木でできておりそれはのこぎりで切断します。

そうするとどうしてもささくれができてしまい、それを解決するために、

「グラインダー」と呼ばれるやすりを導入しました。

 

グラインダーで高速回転することで、端にできてしまったささくれをつるつるにすることができました。

 

しかしそうすると、その高速回転で削ることによって摩擦が生まれ、

断面が黒くなってしまうのです。

 

これをなんとかするために、なんとつまようじの会社の代表者たちが集まって

会議を開いたそうなんです。

そこまでなんとかしなければならない問題だったんですね。

 

そこで目についたこけしをまねて、溝をつけることで黒くなったところをごまかすことにしたんだそうです。

 

この溝が生まれたのは、昭和30年の中頃と言われています。

結構歴史が古いのですね。

 

このころに、こけしをまねて現在の爪楊枝の形になったのですね。

では2つ目の説について考えてみましょう。

 

爪楊枝置きの特許がある?実は溝がある理由はこっち!!

 

2つ目の理由は、爪楊枝置きとして使えるから!ということなんです。

それはどういうことなのでしょうか。

 

まず爪楊枝の溝の一番先端部分をぽきっと折ってみてください。

それを箸置きのようにして爪楊枝置きとして使えるというのです。

 

実際に家にある爪楊枝で試してみたのですが、小さくて折るのも大変ですし、置くのも小さいので難しいと感じました・・・。

 

しかし、きちんと溝のある2つ目の理由として、爪楊枝置きとして使えるからということでした。

しかもその爪楊枝置きとして使う方法を、特許として取得した方がいるそうなんです!

 

それが、落語家の柳家金語楼(やなぎや きんごろう)という方でした。

1901年に生まれ、1972年に亡くなっている方で、落語家として広く活躍された方です。

 

実は柳家金語楼さんは発明家としても活躍されており、その延長で爪楊枝の頭に折り取り用の切り込み、いわゆる溝をつけて、箸置きのようにして使うアイデアを実用新案登録しました。

 

この特許を取得したことによって、柳家金語楼さんは莫大な副収入を得たと言われています。

 

しかし今の時代はあまり爪楊枝の溝を折って、爪楊枝置きとして使っている方はあまり見かけませんよね・・・。

柳家金語楼さんがご存命の頃は、爪楊枝をこのようにして使うのがメジャーだったのかもしれませんね。

 

確かに爪楊枝は、食後に使うイメージがありますが、たまに食べている最中でも使いたくなる時があります。

 

そのときに、使ったら捨ててしまってもいいのですがもったいないですよね。

爪楊枝置きとして置いておけば、食べ終わったあとにも使うことができるので便利ですし、エコなのかもしれません。

 

ちなみに爪楊枝といえば日本特有というイメージがありますが、海外でも使われているんです。

中国や韓国、ベトナムなどで使われており、日本と同じ形ではありませんが爪楊枝を使うという習慣があります。

 

もしかしたら爪楊枝置きとして海外の方が使っているかもしれませんね!

 

まとめ

気になる爪楊枝の溝について調べてみました。

2つの説がありましたが、どちらが溝の理由というのは決まっていませんでした。

どちらも説得力がありますよね。

 

私たちの生活に欠かすことのできない爪楊枝、もし使いようによっては爪楊枝置きとして使いたい!という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です