トナカイってこんなに種類が?日本でも見られる?

スポンサーリンク


トナカイといえばクリスマスには欠かせないですよね!サンタクロースのそりを引っ張るという重要な役割を果たしていて、子供たちもみんなトナカイのことを知っていますよね!

 

そんなトナカイ、実際に見たことある方は少ないのではないでしょうか。

私も今まで見たことはありません。

 

しかし子供たちは、実際のトナカイを見てみたい!と思うかもしれませんね。

そんなときに、日本でトナカイを見ることはできるのか、そして家でトナカイを飼育することはできるの?という、トナカイの疑問について調べてみました!

 

日本特有種はいる?トナカイはやっぱり寒いところにいるの?

 

トナカイといえばサンタクロース、サンタクロースといえば寒い地域に住んでいるイメージがあるので、トナカイも寒いところにしかいないのではないかと思いますよね。

 

トナカイにも野生と飼われているものがあります。

まず、日本に野生のトナカイはいません。

 

野生のトナカイを見たい!ということになると、

アメリカのアラスカ州、カナダ、グリーンランド、ノルウェー、フィンランド、ロシアに行く必要があります。

やはり寒い地域ですね。

 

飼われているトナカイでもいいから見てみたい!という方、

実は日本で見ることができるんです!

 

トナカイが寒い地域に生息する動物だということもあり、

多く飼育をしている動物園や牧場は、もちろん寒い地域にあります。

 

北海道では、釧路市動物園やほろのべトナカイ観光牧場にトナカイがいます。

 

しかし北海道に行かなくても、関東地方では

千葉市動物公園、多摩動物公園

 

関西地方では

東山動植物園、とくしま動物園

 

こちらでもトナカイを見ることができます!

意外と身近にトナカイを見ることのできる施設はあるのですね。驚きです。

 

ただしトナカイは暑さに弱いため、冬の時期しか見られない可能性はありますので

それぞれの施設に確認してみてくださいね。

 

そもそもトナカイは、体長は120-220cm、体重60-300kg、肩高90~150cmとかなり大きいんです。

シカ科の哺乳類でトナカイ属に属す鹿の仲間として位置づけられています。

特に日本に特有種はいません。

 

トナカイといえば、ツノがあるイメージですよね。

絵本などでもツノのあるトナカイが描かれていることが多く、子供たちもツノのイメージを持っていると思います。

 

ツノというと、オスにあるのかなと思いがちですが、

実はトナカイはオスにもメスにもツノがあるんです!

 

オスは繁殖期の抗争でぶつかり合うために使います。

逆にメスは雪を掘って子供の餌をとるために角を使うということです。

 

オスは冬に角が抜け落ちて、メスは春から夏に角が抜け落ちるので、

実際に見に行った時にオスかメスかを見分けることができると、楽しそうです!

 

家でトナカイを飼育したい・・・許可が必要??

トナカイを家で飼育してみたい・・・と思っている方もいるのではないでしょうか。

大きな土地があれば飼うことができそうな気もしますが、何か特別な許可などはいるのでしょうか。

 

調べてみると、特に特定動物に指定されているわけではありませんので、

特別に許可は必要ありません。

 

ですので土地や環境が整っていれば、家で飼育することも可能です。

 

ただし、トナカイはとても大きな動物です。

ジャンプをしたり走り回ったりしますので、かなり広い土地が必要です。

 

そしてトナカイの入手方法ですが、流通しているということがほとんどありませんので、まず飼うまでにトナカイを手に入れるのは難しいといえます。

 

動物園やトナカイを飼育している施設に問い合わせてみるといいかもしれません。

 

海外ではよく家畜として飼育されているトナカイですが、まだまだ日本では家で飼育している・・・という方は少ないのではないでしょうか。

北海道などで牧場を営んでいて、そこで飼っている方はいるかもしれませんね。

 

調べてみると、実は2016年にトナカイは絶滅危惧種に指定されました。

約30年でなんと40%近くも減少しているということですから、なかなか一般の方が飼うというのは難しいのかもしれません。

 

まとめ

 

トナカイを実際に見てみたい、というのは子供だけでなく大人でも思いますよね。

特に冬の時期はトナカイを映像や絵本などで見ることが増えますから、ぜひその冬の時期にトナカイを見てみたいと思います。

 

実際に自宅で飼ってみたい、という方もいるかもしれません。

しかし今は絶滅危惧種に指定されてしまっているので、なかなか一般の方で飼うのは難しいかもしれません。

 

そんなときはぜひ、トナカイのいる動物園や施設を訪れてみましょう。

日本でもあちこちにトナカイはいますので、気軽に見ることができます。

 

野生を見てみたい!という場合は、海外の寒い地域を探してみることです。

トナカイを見る、というツアーが組まれていたりするかもしれませんので、一度探してみてください。

 

今地球温暖化が進んでおり、寒い地域に生息するトナカイもますます数が減ってしまっています。

見れるうちに、実際に見ておきたいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です