赤ちゃんの髪の毛が薄い!濃い子との違いは?○○だから問題なし!

スポンサーリンク


ちょっと前に、ものすごい毛量の赤ちゃんが話題になりましたよね。

フサフサどころの話じゃないくらいすごかったのでびっくりしましたが、かわいかったですよね。

 

赤ちゃんって、髪の毛が多い子もいれば、少ない子もいます。

多い子だと気にならないかもしれないですが、髪の毛が少ない子のおかあさんは、「このままずっと薄いままだったらどうしよう…」と不安になってしまうかもしれません。

「もしや遺伝では…?」と、お父さんを疑ってしまうかもしれません。

 

大きくなるとそんなに気にならなくなるのに、赤ちゃんの時だけ毛量に大きな差があるのはどうしてなのでしょうか。

調べてみました。

 

 

実は、赤ちゃんの髪の毛は、髪の毛ではありません。

「産毛」なのです。

 

大きくなってからもそうですが、産毛はとても細くて柔らかいものです。

それに、大人の髪の毛のように、伸びるスピードもそんなに速くはありません。

産毛はいずれ生え変わりますから、そんなに気にすることはないのです。

 

今は薄くてもいずれ生え変わって濃くなっていくわけですから、「赤ちゃんの髪の毛が薄い…」と嘆くよりも、それはこの時期だけのことだから、存分にその姿を堪能するというのもいいのではないでしょうか。

 

 

では、いつ頃から生え変わりが始まるのか。

これも、個人差があるので何とも言えないところです。

 

3か月くらいから徐々に濃くなっていく赤ちゃんもいますし、1歳頃という赤ちゃんもいます。2歳くらいまで散髪が必要のない子もいます。

大体、3~4歳くらいになると、髪質が落ち着いてくるようです。

 

子供の成長は特に個人差が大きいですから、他の子どもと比べて不安になる必要はありません。

 

 

赤ちゃんの髪の毛は切るもの?剃るもの?

 

昔は、赤ちゃんの髪の毛は剃るものということが言われていたようです。

しかし、それには何か理由があったのでしょうか。

 

赤ちゃんの髪の毛は細いので、髪の毛を剃ると、次に伸びてくる髪の毛が健康でいい毛が生えると言われていたそうです。

実はそれって、外国でも同じように言われていたらしいです。

 

毛を剃ると、断面が丸くなるので、太く濃くなったように見えるといいますね。

その現象が髪を剃られた赤ちゃんにも表れているのだと思います。

 

 

しかし、髪の量が増えて見えることより心配なことは、髪の毛を剃ることによって、柔らかい赤ちゃんの肌に傷がついてしまうかもしれないということです。

そうでなくても、湿疹が出たり、汗をかきやすくてあせもが出たりしますから、そういうところを傷つけてしまうことが考えられます。

 

ただ、伸びてくると、汗で蒸れてしまうということもありますから、しっかり拭いてあげて、皮膚を清潔に保つようにはしてくださいね。

 

 

個人差はありますが、薄くても長さは伸びてくるので、伸びすぎているなと感じたら、前髪や襟足は切ってあげましょう。

あまりに伸びると赤ちゃんが自分で髪の毛を引っ張ってしまう恐れがあります。

 

 

男の子なら、バリカンで髪を一気に切ってしまうのがいいかもしれません。

今は子供用のバリカンも売っていますし、大人用でも切れます。

使う時は、アタッチメントを使ってバリカンの刃が頭皮に強く当たらないようにしましょう。

 

女の子であれば、お母さん的には伸ばして髪を結ってあげたいという気持ちもあるでしょうから、切らずに、邪魔にならないようにゴムで結ってあげるのがいいのではないでしょうか。

切りたい場合は、すきばさみでちょっとずつ切ってあげると、段差が出たりしないのでいいと思います。

 

 

どうやっても立つ!赤ちゃんの髪の毛を抑える方法

 

赤ちゃんの髪の毛が立っているのをよく見ます。

私はそれが赤ちゃんらしくてかわいいなと思うのですが、やはり気にされるお母さんもいるでしょう。

 

赤ちゃんの髪の毛が立ってしまう原因は、よくわかっていません。

しかし、赤ちゃんの髪の毛は産毛なので、細くて柔らかいです。

重みがないので、下向きに垂れ下がることがなく、立ってしまうのではないでしょうか。

 

他に、静電気の影響もあると言われています。

赤ちゃんは寝ていることが多いので、髪の毛が布団や枕にこすれたり、お母さんに抱っこされているときにお母さんの洋服にこすれたりして、静電気が発生して立つのではないかと思われます。

 

 

「今日はお出かけだから髪の毛も整えたい」というのであれば、髪の毛の先にベビークリームやベビーオイルなどをつけてあげると、その毛先が重みになって髪の毛が落ち着きます。

ただ、髪の毛全体につけると汗で頭皮についてしまい、湿疹の原因にもなりかねないので注意が必要です。

あくまでも、頭皮は清潔に保ってあげることが大事です。

 

 

たまに、「母親の母乳の質が悪いからだ」とか「ミルクで育てているからちゃんと栄養が摂れていないんだ」とか、とても意地悪な話を聞いたりします。

しかし、髪の毛の量や質にそんなことは一切関係ありませんので、安心してくださいね。

 

 

まとめ

赤ちゃんの成長は著しいですが、それにも個人差があります。

生まれてきたときの体重も違いますし、身長も違います。

ミルクを飲む量も違いますし、離乳食を食べ始める時期も違います。

 

お母さんは、いろんなことで不安になったりすると思います。

でも、赤ちゃんの時代はほんのちょっとの時間です。

かわいい赤ちゃんの時代を、みんなで楽しんでかわいがってあげることが一番だと思いますよ。

あまり人と比べることなく、「うちの子が一番かわいい」と思って育ててあげることが大切なことだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です