生食用牡蠣ってホントに生で食べられる?安全な食べ方はコレ!

スポンサーリンク


牡蠣はとってもおいしいのですが、あたるのが心配という方も多いのではないでしょうか。

私もその一人で、特に生で食べる時はあたるのかな・・・でも食べたい!と思いながら口にしています。

 

スーパーや魚屋さんでも、生食用牡蠣として牡蠣が売られています。

生食用だと新鮮だから大丈夫かな、と思いますが本当に生で食べてもいいのか心配になりませんか?

実は安全食べられる洗い方や、下処理方法があるのでご紹介します!

これで牡蠣をおいしく食べましょう!

 

洗い方ひとつで安全!生食用牡蠣をご家庭でも♪

 

スーパーなどで牡蠣が売られているのを見ると、「生食用」と「加熱用」があることに気づきます。

勝手なイメージで、生食用のほうが鮮度がいいから生で食べられるのかなというイメージがありますね。

 

しかしそれは違うんです!

鮮度ではなく、実は収穫する海域によって分けられているんです!

 

「生食用」は、保健所が指定した海域で獲れた牡蠣です。

それ以外を「加熱用」として出荷しています。

 

生食用として販売されている牡蠣は、しっかりと保健所が水質検査を行って、

検査に合格した水域で獲れた牡蠣を出荷しています。

それだけでなく、生食用は殺菌洗浄もされているので、生で食べても大丈夫なようにしっかりと管理されて出荷されているんですね。

 

ここまでしっかりとした状態で売られている生食用牡蠣ですから、

そのまま軽く洗って食べれば大丈夫なのかな、と思いますが、

洗い方ひとつでより安全に食べられるんです!

 

その洗い方とは、塩をつけて洗うことです。

 

塩をつけて洗うことで、臭みや汚れ、ヌメリを取ることがえきます

 

身を崩さないようにボールに牡蠣を入れたまま、塩を少し多めに入れて、

水で洗い流しましょう。

 

そのまま、好きな食べ方で食べてみてください。

 

この方法もありますが、他にも下処理の方法はがありますので

ご紹介しますね。

 

 

下処理はどうする?生食用牡蠣も下処理は絶対必要!!

生食用牡蠣を塩で洗うことで、食べる方法をご紹介しましたが、

こうした下処理は必ず必要です。

 

生食用のものを買ってきてそのまま封をあけて食べる、

というのはやめましょう。

 

下処理をすることによって、生牡蠣の旨味を逃すことなく、生牡蠣についている汚れを落とすことができるからです。

下処理の方法として、2通りのやり方をご紹介します。

 

まず、大根おろしを使う方法です。

大根をすって大根おろしをあらかじめ用意しておきます。量としては、牡蠣の量にもよりますが、牡蠣を揉みこんでおけるだけの量をすっておきましょう。

 

そしてボウルに買ってきた生食用牡蠣を入れて、すった大根おろしを汁ごとボウルにうつします。

牡蠣の身を傷つけないように優しく揉みこんで、5分ほどおいておきます。

 

5分後に見てみると、大根おろしが灰色になっているのが分かります。これは牡蠣の汚れが落ちている証拠です。

これだけの汚れがついていると思うと、びっくりですよね!

 

最後にボウルごとしっかりと水洗いして、完了です。

 

次に片栗粉を使う方法をご紹介しますね。

まず塩水で片栗粉を溶いておきます。これも大根おろしと同様、牡蠣を揉みこめる量を用意し、片栗粉に対して塩水は倍量入れるイメージです。

そしてあとは大根おろしのときと同じやり方ですが、優しく揉みこんで5分おいておき、しっかりと水で洗い流します。

 

これらのやり方でしっかりと汚れや臭み、ヌメリを落としておいしく牡蠣が食べられますので、下処理は必ずするようにしましょうね。

 

しかし実は、生食用だけでなく加熱用の牡蠣も、同様の下処理のやり方をしておくとよりおいしく食べることができます。

加熱用ですと、カキフライやお鍋に入れたり、そのまま茹でてポン酢で食べたりしますね。

その場合も塩、大根おろし、片栗粉のやり方でしっかりと下処理をしておくとおいしく食べられます。

 

加熱用として売られている牡蠣は、絶対に生で食べないようにしましょう。

下処理をしたから大丈夫、ということはありません。

きちんと加熱することを前提に処理をして販売されているので、注意してくださいね。

 

また、生食用牡蠣を食べる時の注意点ですが、しっかりと下処理をしたからといって100%菌を排除できているとは限りません。

これはどの食べ物でも同様ですが、体調がすぐれないときや小さなお子様、そして妊娠中の方は生で食べないようにしたほうがいいですね。

 

まとめ

生で食べる牡蠣はとってもおいしいですよね。

牡蠣はどんな料理にしても大好きですが、私はやっぱり生が好きです。

 

お店で食べる生の牡蠣もおいしいですが、家でも生で楽しみたい!

そんなときは、生食用のものを購入すること、そしてしっかりとした処理をすることで自宅でも楽しむことができます。

 

殻付きのものを買ってきた場合も処理の仕方は同じです。

ぜひ殻付きのものの場合は、殻もしっかりと洗って下処理をした牡蠣をのせて、

見た目もおいしく牡蠣を楽しみたいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です