小学生の算数の難しい問題…聞かれて困ったならコレを思い出そう!

スポンサーリンク


小学生のお子さんがいたりすると、宿題の丸つけとか、「お母さん教えてー!」なんて言われることも多いと思います。

 

小学生の算数の問題って、大人になって考えると非常に難しいですよね。

数学だと公式があって、それを覚えて、それに当てはめて考えるという勉強になるのですが、小学生の問題って、問題の文章を理解するところから始まります。

 

「リンゴが1つ、ミカンが3つ、2人で同じように分けるとどうなるでしょうか?」みたいな問題が2年生で出されたとき、大人だと、リンゴは2分の1個、ミカンは1と2分の1個、と答えますが、違うんですよね。

答えは、リンゴを半分ずつ、ミカンは1個と半分のものを1個。

文章にして教えてあげなければなりません。

 

問題を読んでイメージを膨らませて、脳の中の普段は使わない場所を使っているような、そんな気持ちになります。

 

 

算数が嫌いな小学生は多いです。

算数は、一度つまずいてしまうとそこから先が全く分からなくなってしまい、そこから嫌いになってしまうのです。

足し算ができなければ掛け算はできません。

掛け算ができなければ割り算もできませんし、分数計算もできません。

つまづいたときに、どのようにしてそこを乗り越えるかが大事になってきます。

 

 

今回は、小学生がつまづいた時に、親がどう教えて答えを導いてあげるかに焦点を当てたいと思います。

 

 

小学生の時に算数で習ったよね…整数の定義ってこれであってる?

算数や数学には、いろいろな言葉が出てきます。

偶数、奇数、小数、整数、自然数…。

 

「整数」とはどういう数字のことを言うのでしょうか。

 

「整数」とは、簡単に言うと、小数や分数ではない数字のことを言います。

 

例えば…。

 

・3は整数でしょうか。

→小数でも分数でもないので、整数です。

・-5は整数でしょうか。

→これも、小数や分数ではないので、整数です。

・3分の6はどうでしょうか。

→3分の6は2ですので、整数になります。

・0.28は?

→小数なので、整数ではありません。

・0は?

→小数や分数ではないので、整数です。

 

こんな感じです。

 

中学生になると「自然数」という言葉を習いますが、それは「正の整数」のことです。

混同しがちなので、覚えておくといいと思います。

 

 

言葉で、「約分できる」と言っても、なかなか理解することが難しいかもしれません。

「整数」を習う段階では、もう小数や分数は習っているはずなので、ノートに書きつつ、視覚で覚える感覚で教えてあげるのがいいかと思います。

 

同じようなことでも、繰り返し「3は?」「じゃあ1500は?」「-100は?」などと、しつこいくらいに勉強すると、時間をかけてでも理解できるようになると思いますよ。

 

 

数学じゃなくて算数で答える比例!小学生に教えるならこの方法で!!

 

中学や高校で習う比例の授業は、もう私にはどんなものだったか理解できません。

小学生で比例の授業があったかどうかも定かではありません。

しかし、5年生くらいになると、そういう勉強もするようになるみたいですね。

 

ここでは、公式を理解した上での計算ではなく、その前の段階での比例について、考えてみたいと思います。

 

 

導入として勉強する比例には、一番効果的なのが「表」を使うことです。

 

例えば。

 

 

このように問題を出します。

 

1分で3リットルの水がたまります。

2分で6リットル、3分で9リットルたまります。

4分だと何リットルたまるでしょうか。

 

掛け算に苦労しないお子さんなら、その規則性はすぐに理解できると思います。

1×3=3リットル、2×3=6リットル、であれば、4×3=12リットルとすぐに計算できると思います。

 

もし、計算に悩んでいるときには、「1分から2分でどのくらい増えているかな?」というところを助言してあげれば、規則的に3リットルずつ増えていることに気づくと思います。

 

そこから、何問か同じような問題を出していけば、その規則性を見つけることがうまくなっていくと思います。

同じような問題ができるようになったら、空欄の場所を変えてあげるといいと思います。

1分で3リットル、3分で9リットル、5分で15リットル、2分の時は?のような感じです。

 

 

そこで、重要になってくることがあります。

規則性をしっかりとれるようになった時、それを説明することができるかです。

「2×3は6だから」ではちょっと不十分です。

 

なぜ「2×3なのか」ということを考えることが重要なのです。

「3」はどこから出てきたのか。

「1分で3リットル出ること」が基準になっていることがちゃんと説明できなければ、ただ公式を頭に入れてしまっただけになってしまいます。

 

 

例えば、こんな問題が出たらどうでしょうか。

この時に目に見える規則性は、「2分で8リットル」です。

その時に3分の計算が簡単にできるでしょうか。

 

この時に必要になるのが、「1分で何リットルなのか」なのです。

「2分の時に8リットル」ということは、「1分の時は4リットル」という計算をすることができなければ、3分の時の水量は計算できないのです。

 

 

計算だけを頭に入れるのではなく、基準点を探すこと、これが重要です。

これは、これよりも難しい勉強になった時にも役立ってきます。

 

 

まとめ

 

小学生の算数って、大人にとっては本当に難しいです。

公式があることを知っているので使いたくなりますが、それを使えないことが多いのです。

 

「教えて」と言われたら、隣に座って、何がわからないのかを理解してあげることが必要だと思います。

そして、「これはこうだから答えはこうなる」と計算を教えてしまうのではなく、その計算が自分でできるように導いてあげることが必要なのだと思います。

 

そのために、毎日ちょっとずつでも勉強の学校での進捗状態をチェックしておくのもいいかもしれませんね。

「今日はどんな勉強したの?」と聞くだけでもわかると思いますし、それがわからないことを教えてもらいたいと思うきっかけになって、親子のコミュニケーションも取りやすくなるのかなと思います。

 

決して、「お母さん算数苦手だから」ということなく、一緒に勉強するつもりで頑張ってみてください。

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です