赤ちゃんのほっぺに湿疹が!赤くなっているのだけど大丈夫?

スポンサーリンク


赤ちゃんってよくほっぺが赤くなるな~と感じることはありませんか?

特に寒い冬の時期ですと、外に出たり温かい部屋に入ったりを繰り返していると、よく顔が赤くなっていますよね。

赤ちゃんは肌が弱いということは分かっていても、カサカサで心配!湿疹なの!?と心配になることもあるでしょう。

 

我が家の子供もよく顔が赤くなります。

一度よくなったかと思っても、またすぐ赤くなったりして、体調が悪いの!?と思うことがありますが熱もなくとっても元気なんですよね。

 

そこで赤ちゃんのほっぺが赤くなっているとき、どうしたらいいの!?という疑問にお答えします。

 

赤ちゃんには非ステロイド剤を。ちょっとした湿疹ならそれで充分!

 

赤ちゃんのほっぺが赤くなった時に、まずその部分をきちんと見てみましょう。

気温の変化が赤くなっているようでしたら、すぐに収まったりカサカサしたりということがないので、安心ですね。

 

また熱が出て熱くなっている可能性もありますので、念のため熱も計ってみましょう。

 

暑い夏の時期ですと日焼けの可能性もあります。長時間日に当たってなかったかも確認してみてくださいね。

 

りんご病という病気の可能性もあります。これは、

 

真っ赤なほっぺと細かい発疹がレース状にでたり、それが手足、お腹やお尻にもあらわれることがある。

 

という特徴的な赤みなりますので、念のため病院を受診しましょう。

ちなみにりんご病はほっぺが赤くなった時にはもう感染力はありませんので、安心してくださいね。ただし妊婦さんに移ると大変ですので、周りにいないか注意しましょう!

 

これらを見てみてもよく原因が分からない!そんなときは

乾燥の可能性がとても高いです。

 

特に冬は加湿器をつけていても乾燥しますよね。

赤ちゃんは生まれてすぐは乳児湿疹がありますが、それが落ち着いてくる3ヶ月くらいになると、今度は肌が乾燥するようになります。

そして肌自体も大人の半分ほどの薄さですので、肌トラブルが起こりやすいのも無理ないですね。

 

もし湿疹や乾燥の具合がそこまでひどくなければ、非ステロイド剤の薬で十分です。

病院に行くと処方されますが、非ステロイド剤の薬としては

 

・プロペト

・ヒルドイド

・フェナゾール軟膏

 

が処方されることがあります。これらは非ステロイド剤ですので

そこまで強い効き目があるわけではありませんが、

ひどい乾燥や湿疹でなければ十分です。

この非ステロイド剤を塗っていれば、よくなる場合が多いです。

 

私も子供が肌荒れしたときには、よくプロペトを処方してもらいます。

確かにすぐに治る!ということはありませんが、

きちんと塗り続けていれば自然と治っていきます。

 

用法容量については、医師や薬剤師の説明どおりに塗ってみてくださいね。

特に寒い冬は、外出の前後に塗っておくと赤身が収まりやすいと言われていますよ。

 

 

湿疹が治らないならステロイド!でも赤ちゃんにも安心なものを!

 

しかし非ステロイド剤ですとなかなか治らない・・・という声もよく耳にします。

そこで一番弱いと言われているステロイド剤が

 

・アルメタ軟膏

 

です。

非ステロイド剤ではあまり症状がよくならないときに処方されることが多いです。

 

ステロイド!と聞くとどうしてもためらってしまう方もいるでしょう。

ですがなかなか治らない場合は、長期使用や大量使用をすることがなければ、よく効いてくれることが多いです。

 

ステロイドでも外用薬であればそこまで副作用が強いとは言われていません。

心配であれば、きちんと医師や薬剤師に薬について納得がいくまで説明を受けてみてくださいね。

 

均一に荒れているなという部分に塗り、何度も塗るということがないようにします。

 

そして大切なのが、自己判断で治ってきたからといって辞めないことです。

この判断は必ず医師に行ってもらうようにしましょう。

荒れがよくなってきたからといって、肌の奥まで治っているとは限りません。

勝手にやめてしまったら、また徐々に悪化してまた薬を塗る・・・ということになりかねません。

 

辞めるタイミングについては必ず確認してくださいね。

 

 

まとめ

赤ちゃんのほっぺが赤いのは、なんとなくかわいいなと思いますが

乾燥だったり湿疹だったりすると、やっぱり治してあげたいですよね。

 

もし赤ちゃんでうつぶせで過ごすことが増えてくると、

ほっぺを地面やタオルにつけることが増えてくるのでその摩擦でほっぺが赤くなっている可能性もあります。

 

こうした摩擦もまずは非ステロイド剤を使って治していくことになると思います。

しかし赤ちゃんが痛がったりかゆがっている場合は、ステロイド剤を使うことになるかもしれませんが、きちんと医師の指示に従って治療していきましょう。

 

一番はこまめなスキンケアです。お風呂上りにはきちんと保湿したり、

朝も保湿してあげるといいかもしれませんね。

赤ちゃんの肌を守るためにも、毎日のケアがとっても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です