赤ちゃんのうつぶせ寝を防止できる?事故が心配…これで治しましょう!

スポンサーリンク


 

ニュースなどでも、赤ちゃんのうつぶせ寝は時々話題になりますよね。

赤ちゃんがいつの間にかうつぶせのまま寝てしまって、そのまま突然死してしまうというものです。

 

わが子もほとんどうつぶせ寝をする子でした。

普段からうつぶせが好きで、寝る時もうつぶせじゃないと寝れない様子だったので、毎日とっても心配だったのを覚えています。

 

しかしうつぶせが好きだからといってそのままにしておくのはこちらの身も持ちませんし、何かあったら・・・と思うと不安でたまらないですよね。

 

実は少し前まではうつぶせ寝は当たり前だったのをご存知でしょうか。

欧米では今でもうつぶせ寝が当たり前のところもあって、それを日本にも取り入れようと、うつぶせのほうがよく寝られる、頭の形がきれいになるということで、注目されるようになりました。

 

今はもう、うつぶせ寝の危険性が提唱されつつありますので、1歳まではなるべくうつぶせ寝をさせず、仰向けを推奨しています。

 

そうはいっても、赤ちゃんがうつぶせを好む場合は大変ですよね。

そこで、うつぶせ寝してしまう場合の対策について調べてみました!

 

赤ちゃんってうつぶせ寝が好きなの?治すにはコレ!

 

まず赤ちゃんがうつぶせ寝をしはじめる時期ですが、寝返りをするようになったらというのが一般的です。

 

しかし寝返りもとっても早かったわが子は、3ヶ月くらいからうつぶせ寝をするようになりました・・・。ですのでこうした例外もいます。

 

一般的に寝返りをする時期は5.6ヶ月と言われていますので、その時期からうつぶせで寝るようになる子が増えると言われています。

 

なぜ赤ちゃんがうつぶせ寝を好むかというと、ママのお腹の中にいた体勢に似ているため、寝返りができるようになりうつぶせの状態を知るようになると、

自然とお腹の中にいた安心できる体勢で寝たい、ということなのかもしれませんね。

 

うつぶせにすると、安心して寝られるとも言われています。

ふとんと密着することで、安心感があるのかもしれませんね。

 

ただし危険性もとっても高いです。

実際に事故が起こっているくらいなので、ご存知かもしれませんが、

一番怖いのは窒息です。

 

うつぶせのまま寝ると、きちんと呼吸ができなくなりそのまま窒息してしまうという事故が一番多く発生しています。

寝ていると苦しくなっても、そのままうまく寝返りができなくなることがあります。

お昼寝で親が起きているときでしたら見ていることができますが、

夜でこちらも熟睡している場合、発見できなかったということもあるかもしれません。

 

また、吐き戻しの多い赤ちゃんの場合、うつぶせになることで

寝ているときに吐き戻しをしてしまう場合があります。

そうすると、吐いたもので窒息してしまう可能性もありますので、

吐き戻しをする赤ちゃんはなるべくうつぶせ寝はさせないように

したほうがいいでしょう。

 

では赤ちゃんのうつぶせ寝を防止するための方法について、ご紹介します!

 

 

 

うつぶせ寝を防止するにはコレだった!赤ちゃんの睡眠も妨げない!

 

まず、自分でスムーズに寝返りができりょうになった赤ちゃんは、

自らうつぶせ寝で寝たがっているようでしたら無理に戻す必要はありません。

 

息苦しさを感じても、自分で動くことができますが、

万が一のことを考えて不安・・・という方は、

気づいたときには仰向けに戻してあげてもいいかもしれませんね。

 

ではまだうまく寝返りができない時期に、赤ちゃんがうつぶせ寝をするようになったときに効果的な方法をご紹介します。

 

私も実際にやっていたのですが、

バスタオルをくるくると巻いて、それを赤ちゃんの両側に置いていました。

そうすることで、うまく寝返りができないので仰向けで寝ていました。

 

しかし赤ちゃんは寝ているとき、驚くほど動きます。

ですので自然とバスタオルがないところに移動してうつぶせになっていることが

よくありました。

 

バスタオルは、顔のところにくるくる巻いた部分が来ないよう、お腹から下で固定する形にしておくので、バスタオルで窒息するという心配はありませんでした。

 

また、市販の寝返り防止グッズなども販売されています。

先ほどのくるくるバスタオルと同じようなデザインで、

より作りがしっかりしているものもあります。

 

それだけでなく、赤ちゃんの寝返りを防止するマットなどもあります。

寝返り自体を防止すれば、うつぶせになる心配はないですよね。

ぜひお子さんに合ったものを選んでみてください。

 

まとめ

私もうつぶせ寝には悩みましたが、そのうち自分でコロコロと動けるようになるので、それまでの心配です。

結局仰向けにしても、すぐにうつぶせに戻ってしまうことがほとんどでしたので、

気づいたときに仰向けにしたり、苦しくないかチェックしていました。

夜中に気にするのは眠くて辛いですが、意外と子供のことと思うと

自然と目が覚めたりしました。

時期が来れば安心して眠れるようになりますので、それまでがんばってくださいね。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です