除草剤バスタの効果的な使い方を知りたい!正しく使わないと効き目半減!

スポンサーリンク


皆さんは除草剤使うことがあるでしょうか?
家庭菜園などを趣味としている方は日常的に使うケースが多々あるかもしれません。
今回は人気のある除草剤バスタをご紹介します。
人気があるといっても、バスタとはどのような除草剤か知りませんよね。
詳しい使い方もちろんですが、雨の日に使っても効果があるのか、そして、なかなか知られていない効果について解説します。
きちんと使用すれば確かな効果があるので使用方法を参考にしてみてください。

除草剤バスタとは

バスタという除草剤は、数ある除草剤の中でも割と有名なので知ってる方も多いかもしれませんね。
除草剤バスタの大きな特徴は、人や環境、土壌にも優しい成分で構成されているということです。
環境に優しい理由は、除草剤成分は土壌に微生物によって分解されるので、地面に有害物質が残らないからです。
またもう一つの大きな特徴として、バスターは幅広い雑草に対して効果を発揮します。
様々な脱走に対して大きな効果があることと、効果が見られるまでが早く、抑草期間も長いこともお勧めのポイントです。
除草剤バスタにはこのような特徴があり、たくさんの方に使われています。
.除草剤バスタの使い方
除草剤バスタは雑草に散布して使用します。
噴霧器等特別な器具があると便利ですが、必ずしも必要というわけではありません。
雑草全体にムラなく散布することが必要でので、専用の除草剤ノズルがあると便利です。
ノズルがない場合は、じょうろなどを使っても散布が可能です。じょうろを使う場合は目の細かいジョウロを使うと良いでしょう。
バスタは希釈をして使いますが、多年草雑草には100から150倍、一年生雑草には200倍ほどに希釈して使うと良いでしょう。

除草剤バスタの秘められた除草効果

除草剤バスタは、ありとあらゆる雑草に対して効果があります。
雑草の中でもなかなかからすことが難しいとされている、スギナやマルバツユクサなどにも高い効果があります。
ではバスタを使うとどのぐらいで効果が現れるのでしょうか?
一般的には散布から5日前後で効果が現れます。その後、14日後には全体が枯れ上がるでしょう。草抑制効果もあり、その後の雑草の再生を長い間抑えてくれます。
ここで一つ注意点がありますが、パスタを散布した後に生えてきた雑草には効果がありませんので注意してください。
基本的にパスタは現在生育している雑草に対しての効果をしめすものであり、新たに生えてきた草には効果ありません。
ですので、雑草が生えきったの確認後除草剤を散布すると高い効果が期待できるでしょう。
.除草剤バスタ雨の日に使用しても効果なし!
よくある質問で、除草剤バスタを雨の日に使っても効果があるのか?ということですが、雨の日に使用しても全く効果がありませんので注意が必要です。
なぜなら、この除草剤は雑草に浸透しないと効き目がありません。雨の日には除草剤が出そうに浸透せずに流れてしまうので効果は期待できないでしょう。
除草剤を使用する際は、風の穏やかな晴れた日を選択すると良いでしょう。楠風が強い日に散布してしまうと周りに飛散し、関係のない植物まで枯らしてしまいますので注意が必要です。
バスタを散布している時には晴れていたのだけど、その後、雨が降り出したという場合はどうなるのでしょうか?
パスタを散布してから2回以上経過していれば、雨が降ってきても心配ないようです。2時間以内に雨が降った場合は、別の晴れた日にもう一度除草剤を散布することをお勧めします。
散布した時間がよくわからない場合は、しばらく様子をみて雑草が枯れない場合はもう一度散布しましょう。

まとめ

様々な雑草に除草効果のあるパスタはとても人気のある除草剤です。
なかなか手では抜けない雑草等にも効果があるのですが、使用方法を間違えると周りに迷惑をかけたり、全く効果がなかったということになりますので、使用方法にはよく注意して、除草剤を散布して見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です