赤ちゃんが歩き始めるのはいつから?焦る必要はない理由とは

スポンサーリンク


赤ちゃんの体の成長は、見ていて驚くことばかりですね。

誰も教えていないのに寝がえりをして、お座りをして、ずりばい、ハイハイ、

そして歩きはじめます。

0歳から1歳にかけての赤ちゃんには毎日変化があって、

大変な子育てもそれを見て力に変えることができます。

 

赤ちゃんが歩き出す時期は、その子によってさまざまです。

あまりにも早く歩きすぎて心配になる方もいれば、全然歩く気配がないと焦ってしまう方もいるでしょう。

 

私の子は割と体の成長が早く、1歳前にはすたすた歩いていましたが、

赤ちゃんはハイハイの時期が長い方がいいというのを聞いて、心配になることもありました。

 

平均として、赤ちゃんが歩きはじめる時期としては1歳前後と言われています。

しかしそれには大きく差があり、10ヶ月~1歳半の間に

歩きはじめる子が多いと言われています。

 

結構月齢差がありますよね。

体の成長はその子によって異なりますので、焦る必要はありません。

 

赤ちゃんが歩きたいと感じるためには、まず体の筋力とバランス感覚が成長していること、これはその子によって体の発達具合が違いますので、仕方ないですね。

 

もう一つ、これがある赤ちゃんは歩きはじめるのが早いと言われています。

それが、「歩きたいという好奇心が育っている」ことです。

 

体が育っていても、本人が歩きたいと思わなければ歩くことはありません。

周りを見たり、歩くことに面白さを感じる子は歩くのが早いと言われています。

 

逆に、同じくらいの子が歩いていても興味がなかったり、

歩こうとして怖い思いをして、それを思い出して歩くことに恐怖心を抱いてしまうと、

歩くのが遅くなるとも言われています。

 

その子によって歩く時期も、歩くことへの関心も異なるのですが、

早く歩いた子ってどのくらいで歩き始めたのか、気になりますね。

 

都市伝説?ギネス?!赤ちゃんの歩く年齢オリンピック♪

私の周りでも、早く歩いたな~と思う子は9ヶ月でした。

それより早く歩いた子のギネス記録はあるのでしょうか!?

 

調べてみると、イギリスの赤ちゃんでなんと、生後6ヶ月で歩いた赤ちゃんがいました!

なんとも、3ヶ月でお座りをし、4ヶ月にはハイハイをしていたそう・・・

すごいですね。

 

6ヶ月の赤ちゃんは他にはいませんでしたが、やはり調べてみると私の周りと同じように、9ヶ月で歩いた!という子は結構いました。

 

しかし親としては、早く歩いて大丈夫なのか心配になりますよね。

というのも、ハイハイをすることはとても大切だと言われているからです。

 

ハイハイは腕を使って前に進むので、手の筋力を使います。

手を使うというのはとっても大切なことだそうで、

小さい頃から使っていることで、脳を活性化させることができます。

 

また筋力も鍛えられますね。転んだときに手が出やすくなるなど、

ハイハイが長いと体全体を鍛えることができ、

大人になってからの体のつくりに影響すると言われています。

 

しかし親が歩きそうな子供に無理やりハイハイをさせたりすることって

できないですよね。

全くハイハイをする気がない子供に対して、させようとするのも難しいです。

 

子供にはもう赤ちゃんでも意思がきちんとありますので、

ハイハイが長い方がいいと思っていたとしても、親の思い通りにはなりません。

 

ですのである程度は赤ちゃんの成長に任せて、サポートしてくことが

大切ですね。

 

もうすぐ歩きそう・・・!!赤ちゃんの歩く前兆はコレ

赤ちゃんがもうすぐ歩きそう!

その時期は、いつ歩くのかな、とワクワクしてとっても楽しい時期ですね。

 

赤ちゃんが歩きそう、という前兆はさまざまあります。

つかまり立ちをして、徐々に伝い歩きを始めます。

そしてだんだん支えなしで立てるようになり、次第に足が1歩ずつ

前に進みます。

 

赤ちゃんの恐怖心がなく、大人と同じように足を動かしてみようと思えば、

自然に1歩が出るでしょう。

 

また、座っている状態からいきなり立ち上がって歩こうとする赤ちゃんもいるそうです。バランス感覚が成長するといきなりできるようになることもあるようです。

この時期には子供の成長を見逃さないようにしたいですね。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの歩く時期は、その子によって大きく異なります。

早く歩いたとしても、なかなか歩かなかったとしても、子供の成長に問題はないのか心配になりますよね。

 

もちろん体の成長も関係ありますが、赤ちゃんの性格も大きく影響します。

怖がりだったり、あまり歩くことに興味がわかない赤ちゃんは、やはり歩き出す時期も遅くなります。

 

しかし心配する必要はありません。

赤ちゃんの歩き出しが遅いからといって、運動神経が悪い、スポーツができない子なのではないか、と思う方もいますが、歩く時期と運動神経は全く関係ありません。

 

歩かないからといって無理に練習させて、歩くことへの楽しさを知らないのはとてもかわいそうです。

無理にやらせず赤ちゃんの時期を待って、歩くのが楽しい!と思って1歩ずつ踏み出してくれることを、願いたいですね。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です