赤ちゃんの鼻水が夜泣きの原因かも?!辛い鼻水を和らげる方法

スポンサーリンク


赤ちゃんはさまざまな理由で夜泣きをします。

寝苦しい、風邪気味、時期的なもの、おなかがすいた、おむつ・・・

いろんな理由がありますが、まだ話せないので

親としても何が原因か分からないことが多いのではないでしょうか。

 

私も、子供が風邪気味になると夜泣きをしたりすることが増えるため、

常に鼻は出ていないか、体調はいいかを気に掛けるようにしています。

 

特に鼻水や咳は、大人でも寝にくかったりしますよね。

それが赤ちゃんでしたら、泣いてその不快感を表すことになります。

 

しかし風邪薬を飲んだとしても、急激にその症状がよくなることはなく、

しばらくは付き合っていかなければなりません。

 

辛い鼻水を軽くしてあげることはできますので、

その方法についてご紹介したいと思います。

 

 

鼻水が詰まってるならアロマが効くかも?赤ちゃんにも安心なアロマ

 

辛い鼻水の原因、風邪以外にも原因がありますが

せめて寝る時だけでも、寝やすくしてあげたいですよね。

 

そこでおすすめなのが、アロマです。

 

私もアロマが大好きで、アロマ機能のある加湿器を使っています。

香りに癒されるだけでなく、鼻づまりをしやすい体質なので

アロマのおかげで寝ているときの鼻づまりが和らいでいるように感じます。

 

しかし赤ちゃんにもアロマが効く、ということをご存知でしょうか。

赤ちゃんは嗅覚がとても敏感なので、

強い香りのアロマはもちろん使用することができませんが、

比較的刺激の弱い香りのアロマは、使うことができるんですよ。

 

赤ちゃんでも使えるアロマとしては、

「ユーカリラディアータ」というものです。

 

これは比較的刺激が少なく、鼻づまりに効果があります。

アロマ機能の加湿器があれば、それを規定量入れて

部屋全体にいきわたるようにします。

 

鼻詰まりがひどく寝られない場合は、

少しの間蒸気の近くで抱っこをし、吸わせてみてもいいかもしれません。

 

またアロマは、直接背中や胸に塗って鼻づまりを和らげることもできます。

 

そのときに、ホホバオイル20mlと「ユーカリラディアータ」1滴を混ぜて

マッサージをするように胸や背中に塗ってあげてください。

リラックスできるだけでなく、その香りで鼻通りもよくなると思います。

 

 

ひどい鼻水の赤ちゃんはもしかして花粉症?アレルギーにもいろいろ

 

これから花粉症の季節になりますが、実は赤ちゃんも花粉症になることをご存知でしょうか。

 

私はまだ花粉症ではないのですが、子供は3月あたりからくしゃみをしはじめているので、

花粉を感じているような気がしています・・・。

 

赤ちゃんが鼻水を出すと、風邪!?と心配になりますが、

2~4月あたりの鼻水は、風邪だけでなく花粉を疑ってみてもいいかもしれません。

 

しかしだいたい花粉症が発症するとされるのは、早い子でも1歳くらいからと言われています。

最近では花粉症が低年齢化していますので、あまりにも鼻水が出て、目もかゆそうにしていたりしたら、一度受診してみてもいいかもしれませんね。

 

そのときに基準となる症状が、

 

鼻水がさらさらしている

目がかゆい、赤く充血している

まぶたがなんとなく腫れぼったい

涙目になることがある

くしゃみの回数が多い

 

こういった症状が続いていたら、花粉症の可能性がありますので

一度病院で診てもらってもいいかもしれませんね。

 

しかしアレルギー検査をしたいとなると、まだ月齢が小さいと

はっきりした結果が出ないこともありますので

まだ検査はできないかもしれません。

 

そんなときは、できる対策をしてあげてみてください。

 

洗濯ものは、なるべく外に干さない方がいいでしょう。

花粉がついてしまい、取り込んだときに部屋に蔓延し、

その服を着る時に花粉を吸うことになってしまいます。

 

掃除をまめに行ったり、帰宅時には玄関前で

服の花粉を払い落とすことを心がけましょう。

 

外にいるときの症状をなくすことはできませんが、

せめて寝ているときだけでも寝やすくしたいですよね。

 

そのためにも、部屋の中に花粉を持ち込まないように

対策をしてあげてください。

 

まとめ

赤ちゃんの鼻水、辛そうですし夜に影響が出てしまうと

本当にかわいそうですよね。

 

鼻水対策としてとても大切なこととして、しっかりと吸引してあげることも

大切です。

 

赤ちゃんはまだ自分でうまく鼻水を外に出すことができません。

かといって溜めておくと、辛いだけではなく中耳炎になる可能性もあります。

 

そうならないためにも、しっかりと出てきたり詰まっている鼻水は

外に出すことが大切です。

 

今は電動の吸引器が普及しており、我が家も愛用しています。

吸うときはとっても嫌がりますが、吸うとすっきりすることが

子供も分かっているので、吸ってほしいと言ってくることもあります。

 

特に花粉の場合の鼻水はさらさらしているので、

吸引もしやすいのではないでしょうか。

 

逆に風邪の鼻水は、詰まったり絡みやすいので

奥まで入れても取りにくく、最初はコツを掴むまで苦戦するかもしれません。

 

しっかり鼻水を吸引し、少しでも寝やすい環境を整えてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です