バナナで赤ちゃんが下痢に?意外と知られていない原因と対処法

スポンサーリンク


赤ちゃんは便秘になったり下痢になったり、便通が安定しないことがよくあります。

本人は元気そうにしていて熱もないのに、下痢をしてしまうこと、

何日も出なくて苦しがってしまうこともありますね。

 

私も子供が少しお腹が緩くなったときに、

食べさせたものが悪かったのかな、お腹を冷やしちゃったからかな、と

いろいろと心配になりました。

 

その原因はさまざまですが、食べ物によってお腹が緩くなってしまうということはよくあります。

その中で、実はバナナを食べて下痢になってしまう、ということがあるのを

ご存知でしょうか。

 

私は、バナナは腹持ちもいいですし栄養もあるので、ほぼ毎日のように子供に食べさせています。

しかし、食べすぎによってお腹が緩くなってしまうことがあるのです。知らなかった方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、赤ちゃんの下痢について詳しく調べてみました!

 

ビオフェルミンって赤ちゃんでも服用していいの?下痢にも効く?!

 

まずバナナは便秘に効果的と言われています。

ですので、食べさせすぎてしまうとその効果が強くなってしまい、

お腹が緩くなってしまうこともあるのかもしれませんね。

バナナは月齢にもよりますが、多くても1日1本までとしたほうがよさそうです。

甘くてとってもおいしいですが、1日2,3本食べるというのは食べすぎに入りますので気を付けましょう。

 

お腹の緩さですが、いつもの便より少し緩いな、という程度でしたら様子見をしていいでしょう。その場合はバナナの食べ過ぎも原因といえるかもしれません。

 

しかし、いきなり水のような下痢になったり、お腹を痛がるような下痢をした場合はバナナが原因とは考えにくいですので、すぐに病院を受診しましょう。

 

では、少しお腹が緩いかなと思ったとき、わざわざ病院に行かずに

ビオフェルミンなどを服用して治してもいいのかな、と思いますよね。

 

よくCMでも、ビオフェルミンは赤ちゃんでも飲める、というのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

まずビオフェルミンは、生後3ヶ月の赤ちゃんから飲むことができます。

パウダー状ですのでそのまま舐めて飲ませることもできますし、ぬるま湯に溶かして飲ませることもできます。

味も飲みにくいものではありませんので、赤ちゃんでも比較的飲みやすいのではないでしょうか。

 

もちろん下痢だけでなく便秘にも効果がありますが、即効性のあるものではありませんので、

少し緩いな?という程度では飲ませて様子を見てもいいかもしれません。

 

しかしひどい下痢になった場合は必ず病院で処方された薬を飲むようにしましょう。

下痢に効く?赤ちゃんにヨーグルトを食べさせた方がいい理由

赤ちゃんのお腹の調子は日によって変わるので、少し緩くなると何がいけなかったのかな、と食事内容を振り返ることがあると思います。

 

離乳食が少し軌道にのってきて、7.8ヶ月頃になってくるとヨーグルトをあげはじめますね。

牛乳アレルギーがなければ、少量からはじめてみましょう。

 

実はこのヨーグルト、なんとなくイメージとして食べるとお腹が緩くなってしまうのではないか、と思うことはありませんか?

私も子供にヨーグルトをあげるとき、アレルギーの不安もありましたが便通が変わってしまわないか、不安になりました。

 

大きくなった今でも、たくさん食べさせすぎるとお腹が緩くならないかなと気に掛けるほどです。

 

ヨーグルトはとっても栄養があるので、下痢が続いているという時期は控えた方がいいかもしれませんが、普段や少し緩いな、という程度でしたらあげたほうがいいと言われています。

 

カルシウムを摂取できるだけでなく、ヨーグルトには腸の善玉菌を増やして便秘や下痢を改善してくれる効果があります。

ですので多少のお腹の緩さや便秘の場合は、食べさせてみた方がいいかもしれませんね。

 

ただし、あげすぎてしまうとお腹に刺激となってしまって、下痢をしてしまうケースがあります。

はじめは一さじから、慣れてきても小さじ1から徐々に増やしていき、その月齢に見合った量をあげるようにしてみてくださいね。

 

ちなみにヨーグルトを始めてあげてみて、下痢になるケースがあります。

最初から食べさせすぎるということはないと思いますので、

その原因は「乳糖不耐症」もしくは「牛乳アレルギー」の可能性があります。

 

乳糖不耐症は、ヨーグルトに含まれている乳糖が赤ちゃんがうまく消化できないことによって下痢になってしまうものです。

この場合は、しばらくヨーグルトを控えて、しばらくしたらまた少量試してみる必要があります。

牛乳アレルギーの場合は、ヨーグルト以外の牛乳でも症状が出ますので、まずは病院に相談してみるといいでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんの下痢や便秘、とっても不安になりますね。

便の様子については常に気にかけて、もし下痢が続くようであれば

オムツかぶれを防ぐために、こまめにおむつを取り替えましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です