赤ちゃんが嘔吐しちゃった!まさかアレルギーじゃないよね?!

スポンサーリンク


自分の子供にアレルギーがあるかどうか、

離乳食前になると気になる方も多いのではないでしょうか。

 

私も離乳食が始まり、何かアレルギーがあるかもしれないとドキドキしながら

初めての食材を食べさせていました。

 

私の周りを見ても、何かしらアレルギーの反応が出たという赤ちゃんは

意外といますし、親がアレルギーないからうちは大丈夫、と思い込むのも

怖いなと感じています。

 

赤ちゃんは母乳やミルクの吐き戻しだけでなく、

突然嘔吐してしまうことがあります。

 

それが、初めてあげた食材や、アレルギーの出やすい食材をあげたあとだと、

とてもびっくりしますよね。

 

アレルギーと心配になりますが。もし赤ちゃんが嘔吐してしまったとき

アレルギーを疑ったほうがいいのか、検査をしたほうがいいのか、

アレルギーについて調べてみました。

 

 

アレルギー検査はいつから?赤ちゃんの検査しておきたい項目

 

離乳食で初めてあげた食材のあと、嘔吐してしまう可能性はどの赤ちゃんにもあります。

そのためにまず重要なことが、

すぐに病院に行くことができるように、初めての食材をあげる日は

病院のやっている日、なおかつなるべく午前中であることを

おすすめします。

 

もし夜にあげて嘔吐してしまったとき、どこの病院もやってない!となるのは

とても不安ですよね。

 

なるべくかかりつけの小児科がやっている日で、

万が一のことも考えてなるべく午前中にあげるといいでしょう。

 

では実際に赤ちゃんが嘔吐してしまった場合、そのときに何をあげたのかを

きちんとメモしましょう。

アレルギーを起こしやすい食材は、卵、牛乳、小麦、大豆、落花生です。

これだけでなく、あまり離乳食時期にあげることは少ないかもしれませんが、

カニやエビ、米、そば、キウイ、メロンなどもアレルギーが出る可能性があります。

 

これらは摂取してから遅くとも1,2時間以内に嘔吐ないしは

湿疹が出たりします。

 

特にこの中でもアレルギーが出やすいのが卵です。

初めてあげるときは、まずは黄身だけ、そしてそれを何日か

量を増やしてクリアしたら、次は白身をあげます。

あげるときは必ずほんの一さじから始めて、徐々に量を増やしていくことです。

 

少しでも湿疹が出たり、嘔吐があれば病院へ行くようにし、

必ずあげたものをメモしてから行くようにしましょう。

 

ちなみに赤ちゃんは生後いつからでもアレルギー検査はできますが、

だいたい離乳食を開始した生後6ヶ月から行うことが多いです。

 

検査の項目は、そのときに食べたものをチェックして医師が判断しますが、

卵や小麦、牛乳については検査を行うことが多いでしょう。

 

しかし検査をしたからといってすぐ分かるわけではなく、

何度かあげてみて症状が続くようだったらもう一度検査、ということも

ありますので、かかりつけの小児科とよく相談してみてください。

 

 

アレルギーの赤ちゃんも大きくなるにつれて治るってホント?!

よく、小さい頃アレルギーがあったけれど大人になったら治ったよ、と

言っている方がいますよね。

アトピーや食物アレルギーなどは、中にはずっと続く場合もありますが

治ることもよくあります。

 

特に乳幼児期によくみられる卵、小麦、牛乳のアレルギーは3歳には約半数、

6歳になるとなんと8割の子供が食べられるようになっています。

 

そう聞くと、赤ちゃんのときにアレルギーが発覚しても

よくなる可能性がある、と希望が見えますね。

 

しかしアレルギーが治ったかどうかを見るためには、実際にその食べ物を

食べてみるしかありません。

 

医師の指導の元、検査を行いつつ検査結果を元に、これをこの量食べてみてくださいという指示がありますので、その指示に従って試してみて、

アレルギーが出なければ治った、という判断をします。

 

一番やってはいけないのは、赤ちゃんがアレルギーが原因で嘔吐してしまった、と

勝手に自己判断してしまい、

その後その食べ物を除去してしまうということです。

 

たまに、アレルギーと診断されるのが怖いという理由で、

自分で勝手に判断して勝手にその食べ物を与えずに育てていて、

いざ幼稚園や学校に行って症状が出てしまったりする場合があるそうです。

 

自己判断はかなり危険です。

少しでもおかしいな?アレルギー?と感じることがあれば、

きちんとかかりつけ医に相談することです。

 

医師によっては完全に除去する、もしくは少しずつ食べさせていくといった

治療方針も異なります。

場合によってはアレルギー科での治療になるかもしれませんが、

きちんと診断、治療を受けていくということがとても大切です。

 

 

まとめ

アレルギー、とても心配ですよね。

私も自分の子供がまだすべての食材を試したわけではないので、もしかしたら

アレルギーがあるかもしれないと思うと、不安になります。

 

しかしきちんと向き合い、診断を受けることによって

アレルギーを治していくことができるかもしれません。

不安にはなりますが、決して自己判断せず、医師に相談することが

大切ですね。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です